カテゴリ «投資銀行会社»

香港の投資銀行

香港の投資銀行業務の概要香港の投資銀行–香港の投資銀行に参入したい場合は、これが大いに役立つガイドです。市場、面接プロセス、適格基準、および報酬体系について多くの質問があるかもしれません。この記事では、これらすべての要因の詳細な概要を調査して説明します。記事の順序を見てください–インベストメントバンキングを初めて使用する場合は、この出発点であるインベストメントバンキングにアクセスしてください。香港の投資銀行の市場概要香港は中国の投資銀行の中心地です。そのため、投資銀行家のほとんどは、投資銀行のキャリアを築くために香港に来ています。その背後にある2つの理由があります。まず、近年、香港に住み始めた裕福な人々がかなり多く、彼らは自分のお金を適切な投資ファンドに投資したいと思っています。第二に、香港ではプライベートバンキングと投資銀行の間に重複があります。その結果、すべての投資銀行は、プライベートバンキングの顧客でさえも勝つために心を尽くしています。これらの投資銀行の主な目的は、超富裕層のクラスターを作成し、現在および近い将来に支援を受けるための投資家プールを作成することです。投資銀行が扱う香港のトップ産業は、天然資源、不動産、建設(「インフラ」とも呼ばれます)、多様な消費財の3つです。近い過去に、IPO取引は目立つようになりました。中国の多くの企業が公になり、物事を成し遂げるために支援が必要

シンガポールの投資銀行| トップバンクリスト| 給与| ジョブズ

シンガポールの投資銀行シンガポールで投資銀行に参入しようとすべきですか?市場はどうですか?給与体系はどうですか?シンガポールの投資銀行でうまく成長できますか?この記事では、すべてを詳細に調査します。出典:JPモルガンこの記事では、次のことについて説明します–シンガポール投資銀行市場の概要シンガポール市場に参入することは、特にあなたが別の国から来て、シンガポールでの経験がない場合、簡単なことではありません。しかし、それは可能です。シンガポールでは、市場は出現していません。しかし、あなたが働き始めるとき、あなたは多くの南アジア諸国の新興市場と接触するでしょう。ここでの投資銀行業務はかなり確立されていますが、取引の性質と市場の範囲はかなり区別できます。ここにあなたが心に留めておくべき市場についてのいくつかの事柄があります–主に大規模な取引を行うバルジブラケット銀行。これらには、スタンダードチャータード、HSBC、DBS、シティバンクなどが含まれ、多くの入札を行う数少ない企業の1つです。シンガポールの投資銀行会社は規模が比較的小さく、通常、小規模な取引を扱っています。10億ドルを超えるメガディールを処理することはめったにありませんか?ただし、メガディールが実行されている場合は、全員(メジャーネーム)がディールに関与します。シンガポール市場の問題は、ほとんどの中規模および大企業が家族経営または国

トップ10バルジブラケット投資銀行

概要概要バルジブラケット投資銀行は、世界の金融業界で最大の商業機関です。彼らは、その規模と構造だけでなく、彼らが満たす銀行の要件の過多という点でも、世界をリードする、儲かる巨大な組織の一部です。バルジブラケット銀行が世界の主要な金融機関であると言っても間違いではありません。彼らは、クライアントにさまざまなサービスを提供する世界最大の巨大な多国籍投資銀行の一部です。主に、バルジブラケット銀行は、世界の政府だけでなく、いくつかの最大の企業の銀行要件に対応しています。彼らはクライアントに金融、アドバイザリー、販売、マーケティングサービスを提供するだけでなく、株式、商品デリバティブからクレジット、住宅ローン、金利スワップに至るまで、最も革新的で画期的な金融商品の研究と設計にも取り組んでいます。 、および保険商品。さらに、これらの機能だけに限定されるものではなく、通常参照される一部のバルジブラケットバンクまたはBBは、商業銀行の分野にも参入しています。バルジブラケットという言葉は、これらの銀行が主にグループの一番上にリストされている墓石を指します。新しい証券の公的な問題があるとき、または公告のために金融取引がリストされているときはいつでも、広告はこれらの銀行の名前を一番上に、時には太字でさえ言及します。これはバルジという用語を説明しています。トップ10バルジブラケット投資銀行のリストバルジブラケ

フランスの投資銀行

フランスの投資銀行フランスがワインを飲み、ピッチブックに取り組むことがすべてだと思うなら、あなたは再考する必要があります。目に見えるもの以上のものがあります。フランスの投資銀行は他の国とは異なります。採用プロセスは異なります。文化はそれほど上品ではありません。そして、人々の働き方は他の国とは異なります。飛び込んでみましょう。フランスの投資銀行について詳しく見ていきます。この記事では、次のことについて説明します–フランスの投資銀行市場の概要フランス市場での投資銀行業務は非常に多様です。ここにはあらゆる種類の銀行があります。バルジブラケット銀行から小規模投資銀行まで、誰もが存在します。BNPパリバ、CACIB、ナティクシスなど、かなりの数のフランスの投資銀行がその地位を確立しています。また、サンタンデル、BBVA、HSBCなど、フランスで非常に成功しているヨーロッパの投資銀行もほとんどありません。ベースのチーム。ここでの取引の焦点はミドルマーケットにあります。ほとんどの投資銀行(ブティック投資銀行、地方銀行、バルジブラケット投資銀行)はミドルマーケットの取引に集中しており、取引の量は通常、米国の投資銀行市場で取り扱われる取引よりも少なくなっています。フランスでは、たくさんの産業が見られます。そのため、取引の焦点は業界固有です。そして、ここの投資銀行は、産業関連の取引に焦点を合わせています。

ナイジェリアの投資銀行

ナイジェリアの投資銀行業務の概要ナイジェリアは、大量の石油埋蔵量が利用されたため、働き、投資を呼び込むための人気のある選択肢の1つと見なされています。汚職や安全保障などの問題と闘っていますが、この国は過去25年間で進化しており、多くの外国人にとって望ましい目的地と見なされています。ナイジェリアの投資銀行は、あらゆる種類の顧客に従来の商品とカスタマイズされた商品のスムーズなブレンドを提供することに重点を置いており、その一部を以下のように共有できます。民間および政府機関および組織に新しい証券(債券および株式)を発行するという伝統的かつ重要な機能。証券の発行全体が銀行によって購入され、より高い価格で投資家に販売されます。石油・ガス、道路、プラント・機械、インフラストラクチャ、農業などの主要プロジェクトに資金を提供する。合併と買収のための財政。税のミスマッチのギャップを埋める政府機関を支援します。証券取引所での無料株式売却による資金調達。法的に、企業は問題を提起する際に銀行に申請する必要はありません。投資銀行の仲介により、行動を円滑に実行することができます。ナイジェリアのトップ投資銀行のリストナイジェリアの有名な投資銀行のいくつかは次のとおりです。Afribankフィデリティバンクナイジェリアの最初の銀行スタンダードチャータード銀行(ナイジェリア支店)ナイジェリアの都市開発銀行サバンナ銀行ゼニ

南アフリカの投資銀行

南アフリカの投資銀行南アフリカの投資銀行はそれほど人気が​​ありません。しかし、市場はどの程度正確ですか?その国には外国人のための機会がありますか?給与体系はどうですか?この記事では、上記で提起されたすべての質問について詳しく説明します。以下のシーケンスを見てみましょう。この記事では、次のことについて説明します–南アフリカの投資銀行業務の概要南アフリカの投資銀行業務は、米国、英国、その他のアジア市場とは大きく異なります。そして、ほとんどの場合、投資銀行家が投資銀行について話すとき、彼らはアジア、ヨーロッパ、およびアメリカの投資銀行についてのみ話します。しかし、南アフリカの投資銀行市場はどのように見えるのでしょうか。実際、南アフリカ市場で見られる主な違いは2つあります。第一に、南アフリカ市場の投資適格は標準をかなり下回っています。その結果、投資銀行家は彼らのキャリアを構築するために南アフリカに行くことに興味を持ちません。しかし、南アフリカの多国籍企業と政府は、地元の投資銀行の手の届かない大規模な投資ファンドを扱っています。第二に、南アフリカのファンドの地元の投資銀行はすべて地元のファンドです。資金はすべて南アフリカのものであり、一部はアフリカ大陸からのものです。これらの違いから、南アフリカの投資市場における2つの主要なトレンドを見つけることができます。第一に、南アフリカ市場での投資銀行業

中国の投資銀行| トップバンクリスト| 給与| ジョブズ

中国の投資銀行中国の投資銀行はすべてのレベルを超えており、世界で最高の市場の1つになっています。他の市場を中国と比較すると、量と料金の両方で、中国が支配的な位置を占めていることがわかります。この記事では、中国の投資銀行についてすべてお話します–ここでは中国の投資銀行について説明しますが、M&Aについて詳しく知りたい場合は、M&Aトレーニングをご覧ください。中国の投資銀行の概要中国は、負債資本市場(DCM)、株式資本市場(ECM)、およびM&A(Mergers&Acquisitions)でもその地位を確立しています。2016年(通年)、中国はDCMの85.7%、ECMの82.1%、アジアのM&Aの52%を手数料で占めました。私たちがすべての市場をクラブする場合、中国は手数料の面でアジアの投資銀行の76.6%以上を占めています。最良の部分は、中国が投資銀行業務においてオールインワンの支配的な国ではなかったことです。特に2010年以降、何年にもわたって成長してきました。2010年以降、着実に成長しています。不公平な資本市場である中国は、アジアの手数料で50.2%を占めています。負債資本市場では、中国は常に好調でしたが、2016年に達成したほど良くはありませんでした。M&Aでは、中国は2014年にアジア市場全体のわずか35%を手数料で占めました。しかし、物語にはひねりがあります。2016年には

ロシアの投資銀行

ロシアの投資銀行業務の概要ロシアでの投資銀行について聞いたことがありますか?市場はどうですか?誰かが投資銀行家としてそこで仕事を得ることができますか?文化はどうですか?どのような種類の取引がより普及していますか?そして、あなたが期待できるロシアの投資銀行の給与はいくらですか?採用プロセスはどのようなものですか?この記事では、上記のすべての質問に答えようとします。記事の順序を見てみましょう。この記事では、次のことについて説明します–ナイジェリアの投資銀行あなたが投資銀行に不慣れであるならば、ここで投資銀行の要点を見てください。ロシアの投資銀行ほとんどの銀行家は、ロシアでの投資銀行についてほとんど聞いたことがありません。しかし、それは存在し、ロシアのバルジブラケットバンクで良いポジションを獲得するために本当に戦う必要があります。1990年以前は、ロシアには投資銀行はありませんでした。それはすべて、ガスプロムが公開された1990年以降に始まりました。ロシアの投資銀行業界が最初のルートを見つけたのは1996年でした。1996年以前は、ロシアの考え方はまったく異なっていました。誰かがM&Aのアドバイスを必要とするなら、彼らは投資銀行家に行かなかっただろう。むしろ、彼らは商業銀行に行き、彼らと話し、そしてローンを得るでしょう。その結果、ロシアの投資銀行はまったく成長しませんでした。投資銀行業界はロ