カテゴリ «Excel»

VBAは重複を削除します

VBAExcelのRemoveDuplicates特に一意の値をカウントする場合は、Excelで重複する値が必要ないことがよくあります。通常、処理するデータのセットは異なり、重複する値が多数表示されます。Excelワークシートで重複を削除することに慣れているといいのですが、心配する必要はありませんが、簡単な例を示します。VBAでも、重複を削除する方法を実行できます。そのため、「地域」の見出しの重複する値はすべて削除されました。同様に、VBAコードを使用してこのタスクを実行できます。VBAコーディングで重複する値を削除する方法は?最初に重複する値を削除するには、参照している範囲について言及する必要があります。次に、「重複の削除」メソッドにアクセスできます。したがって、構文は次のようになります。[列]:選択範囲のどの列で重複を削除する必要がありますか?選択した範囲の列番号を記載する必要があります。[ヘッダー]:選択した範囲にヘッダーがあるかどうか。ここで使用するオプションは3つあります。xlYes:データにヘッダーがある場合は、これを選択できます。xlNo:データにヘッダーがない場合は、これを選択できます。xlGuess:このオプションを使用すると、Excelでデータのヘッダーを推測できます。したがって、これらのパラメータを使用すると、ボタンをクリックするだけで、汗をかくことなく重複を削除

VBAはループまで実行します

VBAExcelのDoUntilLoopとは何ですか?でUNTILループVBAドゥ、我々は停止するループをしたいと終了文がループ自体であるときを意味しているまでの文の後に基準を定義する必要があります。したがって、条件がFALSEの場合、ループ内でステートメントを実行し続けますが、条件がTRUEの場合、すぐにDoUntilステートメントを終了します。言葉自体が、基準に達するまで何らかのタスクを実行することを示しているように、ほとんどすべてのプログラミング言語でループが使用されるまで実行します。VBAでも、ループまで実行することがあります。Do until Loopは、条件がTRUEになるまで何かを行うことを意味します。これは、論理関数がTRUEまたはFALSEに基づいて機能するようなものです。これは、条件がTRUEである限り、Dowhileがループを実行するDoWhileループの反対です。構文DoUntilループには2種類の構文があります。構文#1  [条件] [タスクの実行]ループまで実行 構文#2 [条件]まで[タスクの実行]ループを実行します どちらも非常によく似ており、1つの単純な違いがあります。最初の構文では、「DoUntil」ループが最初に条件をチェックし、条件の結果がTRUEまたはFALSEになるようにします。条件がFALSEの場合、コードを実行して指定されたタス

VBA Outlook

VBAがExcelで、マクロの作成でタスクをExcelで自動化する方法を見てきました。MicrosoftOutlookには、VBAのリファレンスもあり、VBAを使用してOutlookを制御できます。これにより、Outlookで繰り返されるタスクの自動化が容易になります。 Excelと同様に、開発者機能がOutlookでVBAを使用できるようにする必要があります。VBA OutlookVBAの優れている点は、PowerPoint、Word、Outlookなどの他のMicrosoftオブジェクトを参照できることです。美しいプレゼンテーションを作成したり、Microsoft Word文書を操作したり、最後に電子メールを送信したりすることができます。はい、あなたはそれを正しく聞きました、私たちはExcel自体からメールを送ることができます。これは厄介に聞こえますが、同時に私たちの顔にも笑顔をもたらします。この記事では、VBAコーディングを使用してExcelからMicrosoftOutlookオブジェクトを操作する方法を紹介します。読む…ExcelからOutlookを参照するにはどうすればよいですか?Outlookはオブジェクトであり、オブジェクト参照ライブラリでこれへの参照を設定する必要があることを忘れないでください。Outlookオブジェクトを参照するように設定するには、次の手順に従います。

VBA名前を付けて保存

ExcelVBA名前を付けて保存VBAの[名前を付けて保存]メソッドは、Excelファイルを特定の場所に保存するために使用されます。vbaコードを使用してワークブックを保存するには、SaveAs関数でオブジェクトワークブックを使用します。ブックで行ったすべてのハードワークの後で、それを保存しますね。私たちが取り組んできたデータを失うのは辛いことです。Excelまたは任意のファイルに2種類の保存があります。1つは「保存」で、もう1つは「名前を付けて保存」です。Ctrl + Sは、世界中でCtrl + CおよびCtrl + Vとして人気のあるショートカットキーです。しかし、「名前を付けて保存」という概念はそれほど馴染みのないものです。通常のワークシートでは、ファイルに名前を付けて保存するためのショートカットキーはF12キーです。VBAでも、ファイルを「名前を付けて保存」として保存できます。VBA Save As Functionは何をしますか?これは、自動化プロセスで作業を節約する一般的なタスクです。すべての作業が終わったら、ファイルを保存します。Workbooks( "Sales 2019.xlsx")。保存このコードは、「Sales2019.xlsx」という名前のワークブックを読み取って保存します。同様に、作業中のブックを複製するには、「名前を付けて保存」メソッドを使用して作成できます

VBA GetOpenFilename

GetOpenFilenameは、FSOの属性でもあるメソッドです。このメソッドは、VBAで使用され、ファイル名を持つ特定のファイルを検索して選択します。このメソッドの重要な要素は、ファイルを開くために提供されるファイル名のパスです。関数でファイル名のパスを渡すか、ファイルパスを提示して選択するようにユーザーに依頼することができます。Excel VBA Application.GetOpenFilename特定のファイル名にアクセスする必要がある状況があり、これはVBAコーディングで可能になります。ファイルにアクセスするには、フォルダパス、ファイル名、およびファイル拡張子を指定する必要があります。多くのコーダーは、ファイル名を取得するために、ファイルパスとファイル名を入力するためのオプションとしてVBA入力ボックスを提供します。ただし、これは練習するのに適したオプションではありません。ユーザーの前に入力ボックスを表示すると、ファイルパス、あるフォルダーを別のフォルダーから区切るための円記号、ファイル名、およびファイルの拡張子が常に記憶されるとは限らないた

VBAアクティブセル

ExcelVBAのアクティブセルアクティブセルはワークシートで現在選択されているセルです。VBAのアクティブセルを参照のように使用して、別のセルに移動したり、同じアクティブセルのプロパティを変更したり、アクティブセルから提供されたセル参照を変更したりできます。VBAのアクティブセルはキーワードactivecellを指定してapplication.propertyメソッドを使用してアクセスします。VBAコーディングを効率的に使用するには、VBAの範囲オブジェクトとセルのプロパティの概念を理解することが重要です。これらの概念には、「VBAアクティブセル」というもう1つの概念を検討する必要があります。エクセルには何百万ものセルがあり、どれがアクティブセルであるかは確かに疑問です。例については、以下の画像をご覧ください。上記の1つの写真自体には多くのセルがあり、どれがアクティブセルであるかを見つけるために、現在選択されているセルがVBAで「アクティブセル」と呼ばれている場合は非常に簡単です。アク

VBA連結

連結とは、2つの値または2つの文字列を結合することを意味します。これは、使用するExcelと同様に、連結するためのアンペアサンド演算子とも呼ばれます。2つの連結する2つの文字列と、String1とString2のような演算子です。覚えておくべき重要なことがあります。 &演算子を使用している間、スペースを提供する必要があります。そうしないと、VBAはそれを長く考慮します。VBA連結文字列VBA連結は、2つ以上の値のセル値を結合するために使用したものの1つです。簡単な言葉で言えば、結合すると、2つ以上の値を結合して完全な値になります。2つ以上の値または2つ以上のセル値を結合するExcelのCONCATENATEという関数があります。ただし、VBAには、2つ以上の値を連結するための組み込み関数はありません。実際、ワークシート関数クラスにアクセスして、ワークシート関数としてVBACONCATENATE関数にアクセスすることすらできません。VBAで文字列を連結する方法は?値を連結するための組み込み関数がなく、ワークシート関数でさえVBAと統合されていない場合。ここでの課題は、値をどのように組み合わせるかです。組み込み関数はありませんが、「アンパサンド」(&)記号を使用してVBAで組み合わせることができます。定期的に投稿をフォローしている場合は、コーディングでアンパサンド(&)記号を使用することが

VBA With

ExcelVBAのステートメントを使用Withステートメントは、言及されたオブジェクトのすべてのプロパティとメソッドにアクセスするためにVBAで使用されます。最初に参照しているVBAオブジェクトを指定してから、WithステートメントをEnd Withで閉じる必要があります。次に、このステートメント内で、前述のオブジェクトのすべてのプロパティ変更とメソッドを実行できます。以下は、VBAのWithステートメントの構文です。 With [OBJECT] [Code…何をする必要がありますか?] End With オブジェクトは、参照しているセルまたはセルの範囲に他なりません。その後、プロパティを変更して、その特定のセルに関連付けられているすべてのメソッドを実行できます。Excel VBAでステートメントを使用する方法は?以下は、ExcelVBAでWithステートメントを使用するいくつかの例です。 このVBAWith Excelテンプレートはこちらからダウンロードできます– VBA WithExcelテンプレート 例1A1セルに特定の値があるとすると、セルA1に「ExcelVBA」というテキストを入力しました。このセルでは、いくつかのタスク、つまりExcelでの書式設定を行う必要があります。フォントサイズ、フォント名、内部の色を変更したり、境界線を挿入したりしたい…典型的なことは、最初にVBA

VBA CloseUserForm

ユーザーフォームを作成すると、ユーザーからの入力としてデータを受け取りますが、フォームに提供されたデータはそれ自体を閉じないため、ユーザーがデータを再度入力するように誤解させる可能性があります。2つの異なるコマンドを使用して、入力が与えられ、それらはユーザーフォームを閉じるためのUnload meメソッドであるか、userform.hideメソッドを使用できます。ExcelVBA閉じるユーザーフォームユーザーフォームは、VBAプロジェクトの一部としてユーザーから入力を取得する際に不可欠です。通常、ユーザーフォームは、ユーザーの前に表示する前にデザインします。VBAユーザーフォームのデザインが完了したら、ユーザーの前に同じものを表示し、VBAコーディングを要求する必要があります。同様に、ユーザーフォームを閉じるには、VBAコーディングの知識が必要です。この記事では、VBAコーディングでユーザーフォームを閉じる方法を紹介します。Excel VBAでユーザーフォームを閉じる方法は?ユーザーフォームの目的が完了すると、ユ

VBA IFERROR

ExcelでIFERRORを使用して、すべての関数の前にエラーが発生した場合の対処方法を知るのと同じように、VBAにはワークシート関数であるため同じ方法で使用されるIFERROR関数が組み込まれています。この関数はworksheet.functionで使用します。 VBAのメソッドを使用してから、関数の引数を指定します。VBAのIFERROR関数エラーをスローせずにコードが機能することを期待するのは犯罪です。VBAのエラーを処理するには、On Error Resume Next VBA、On Error Resume Goto 0、On Error GoToLabelなどのステートメントを使用するいくつかの方法があります。VBAエラーハンドラーは、コードの次の行にのみ進むことができます。ただし、計算が行われない場合は、エラーを他のIDワードに置き換える必要があります。この記事では、ExcelでVBAIFERROR関数を使用してこれを実現する方法を説明します。VBAでIFERRORを使用するにはどうすればよいですか?ここで覚えておくべきことは、それは単なるワークシート関数としてのVBA関数ではないということです。 このVBAIFERROR Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA IFERRORExcelテンプレート たとえば、上記のデータはデモンストレーションのた

VBA挿入行

VBAに行を挿入することは、VBAに列を挿入することとは多少異なります。列では、列全体メソッドを使用しましたが、行を挿入するには、insertコマンドでworksheetメソッドを使用して行を挿入し、挿入する場所に行参照も提供します。列に似た別の行。VBAExcelで行を挿入VBAコーディングを使用すると、実行するほとんどすべてのアクションを実行できます。VBA言語を使用して、コピー、貼り付け、削除、その他多くのことを実行できます。「行の挿入」は、Excelでよく行う方法の1つです。この記事では、VBAで行の挿入メソッドを実行する方法を示します。Excel VBAに行を挿入する方法は? 以下は、VBAを使用してExcelに行を挿入するさまざまな方法です。 方法1–挿入方法の使用VBAで行を挿入するには、Excelワークシートで使用したのと同様の手法を使用する必要があります。VBAでは、範囲オブジェクトを使用して行を挿入する必要があります。たとえば、以下のコードを見てください。コード: Sub InsertRow_Example1()Range( "A1")。Insert End Sub このコードは、セルA1からB1に移動し、唯一のセルを挿入します。これは、データの処理に関して非常に多くの問題を引き起こします。これにより、言及されたセルが下に移動し、他のすべての関連する列は同じままにな

VBAカラーインデックス

ExcelVBAカラーインデックスワークシートのように、VBAの[ホーム]タブからセルの色または特定のセル範囲を変更します。セルの色または提供されるセル範囲を変更するために使用されるカラーインデックスと呼ばれるvba関数があります。この関数は、さまざまな種類の色を一意に識別します。VBAには、色を適用する2つの方法があります。1つは「color」プロパティを使用する方法、もう1つは「ColorIndex」プロパティを使用する方法です。セルに背景色として色を適用し、フォントの色を適用し、境界線の色を適用します。したがって、color&color indexプロパティにアクセスするには、最初にセルを選択する必要があります。Color&Color Indexプロパティの使用方法は? このVBAカラーインデックステンプレートはここからダウンロードできます–VBAカラーインデックステンプレート #1-Colorプロパティの使用セルA1に「Hello」という単語があるとします。このセルの背景色を適用する方法を見ていきます。背景色を変更するには、colorsプロパティで、最初にセルの範囲について言及する必要があります。コード: Sub Color()Range( "A1")End Sub セルを選択した後、何をする必要があるかを説明する必要があります。私が言ったように、セルの内部の色を変更する必要が

Get Cell Value in Excel VBA

Get Cell Value with Excel VBAA cell is an individual cell and is also a part of a range, technically there are two methods to interact with a cell in VBA and they are the range method and the cell method, the range method is used like range(“A2”).Value which will give us the value of the A2 cell or we can use the cell method as cells(2,1).valu

VBA形式

ExcelVBAフォーマット機能VBAのフォーマット関数は、指定された値を目的のフォーマットにフォーマットするために使用されます。この関数は、日付や数値、または任意の三角測量値のフォーマットに使用できます。この関数には、基本的に2つの必須引数があります。1つは、次の形式で取得される入力です。文字列と2番目の引数は、使用する形式のタイプです。たとえば、Format(.99、 "Percent")を使用する場合、99%の結果が得られます。VBAでは、「FORMAT」と呼ばれる関数を使用して、セルのフォーマットに適用する必要があります。Excelの書式設定は、習得する重要な概念の1つです。私たちが日常業務で使用する一般的なフォーマット手法は、「日付フォーマット、時刻フォーマット、数値フォーマット、およびその他の重要なフォーマットコード」です。通常のExcelワークシートでは、Excelセルの書式設定オプションを押すだけで、適切な書式設定コードを適用して書式設定を実行できます。ただし、VBAでは、これはワークシート手法のように単純ではありません。構文式:これは、フォーマットしたい値に他なりません。VABの技術では

VBAのように

VBAのような演算子LikeはVBAの演算子であり、これは文字列のセット内の引数として指定された文字列を比較し、パターンと一致する比較演算子です。パターンが一致する場合、得られる結果はtrueであり、パターンが一致しない場合、得られた結果はfalseです。これはVBAに組み込まれている演算子です。「LIKE」演算子は、そのすばらしい使用法にもかかわらず、最も使用されていない演算子です。コーディングでこの演算子を十分に使用している人はあまり見たことがありません。実際、私はこの演算子をあまり使用しない人の1人です。「VBALIKE」演算子を使用すると、文字列のパターンを文字列全体と照合できます。VBA LIKE演算子を使用すると、2つの文字列を指定されたパターンと比較できます。文字列にVBAの部分文字列が含まれているかどうかを確認したり、文字列に特定の形式が含まれているかどうかを確認したりできます。パターンが文字列と一致する場合、VBALIKE演算子はTRUEまたはFALSEを返します。文字列を照合するときは、指定するパターンにワイルドカード文字を使用する必要があります。以下は、VBALIKE演算子で使用するワイルドカードです。質問マーク(?):これは、文字列の任意の1文字を照合するために使用されます。たとえば、文字列「CAT」があり、パターンが「C?T」の場合、VBALIKE演算子はTR

VBAReDim

Excel VBAReDimステートメントVBA Redimステートメントはdimステートメントに似ていますが、違いは、より多くのストレージスペースを格納または割り当てるため、または変数または配列が持つストレージスペースを減らすために使用されることです。現在、ステートメントで使用される2つの重要な側面がPreserveです。このステートメントでpreserveを使用すると、サイズの異なる新しい配列が作成され、preserveをこのステートメントで使用しないと、現在の変数の配列サイズが変更されるだけです。配列はVBAコーディングの重要な部分です。配列を使用すると、定義した同じ変数に複数の値を格納できます。「Dim」という単語を使用して変数を宣言する方法と同様に、「Dim」も使用して配列名を宣言する必要があります。配列名を宣言するには、最初に定義する配列の種類を特定する必要があります。配列には5つのタイプがあります。静的配列動的配列一次元配列二次元配列多次元配列Excelの静的配列では、変数を宣言する際に、配列の下限値と上限値を事前に決定します。たとえば、以下の例を見てください。コード: Sub ReDim_Example1()Dim MyArray(1 To 5)As String End Sub ここで、MyArrayは、1から5までの値を保持できる配列の名前です。MyArrayは、以

VBACDATE関数

VBAのCDATE関数VBA CDATEは、テキストまたは文字列のいずれかのデータ型を日付データ型に変換するデータ型変換関数です。値が日付データ型に変換されたら、日付をいじることができます。CDATEの構文以下は、VBAのCDATE関数の構文です。式:式は、文字列またはテキスト値、あるいは日付データ型に変換される値を含む変数です。CDATEは、作業中のコンピューターの日付と時刻の形式を識別し、指定された値を同じ日付データ型に変換します。日と月のみを指定し、年を無視する場合、CDATE関数はシステムの年を取得し、指定された日と月とともに表示します。以下のセクションで、ますます多くの例を見ていきます。Excel VBAでCDATE関数を使用するにはどうすればよいですか?ExcelvbaのCDATE関数の例。 このVBACDATE Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA CDATEExcelテンプレート 例1CDATEの例を示す前に、まず以下のコードを見てください。コード: Sub CDATE_Example1()Dim k As String k = "25-12" MsgBox k End Sub 上記の変数「k」では、値を「25-12」として割り当てました。このコードを実行すると、VBAのメッセージボックスに同じ値が表示されます。ただし、これはVBACDATE関

VBA SendKeys

Excel VBA SendKeysVBA言語のSendKeysは、アクティブなウィンドウにキーストロークを送信するために使用されるメソッドであり、その後手動で作業できます。キーとしてアルファベットを使用する場合は常に、すべてのアルファベットを小文字にする必要があります。これは複雑な方法であり、必要な場合とオプションがない場合にのみ使用することをお勧めします「SendKeys」は、理解すべき複雑なトピックの1つです。VBAでこの機能を使用する人はそれほど多くありませんが、より多くのトピックについてより多くの知識を持っていることは常に良いことです。この記事では、SendKeys関数の使用方法を紹介します。速くてより良く学ぶための実用的なアプローチで記事を何度も読み直すのは難しいかもしれません。構文以下は、vbaSendKeysメソッドの構文です。キーまたは文字列:アクティブなアプリケーションに送信する必要のあるキーの種類。待機:この引数では、TRUEまたはFALSEの2つを使用できますコントロールをマクロに戻す前に、割り当てられたキーが処理されるのをExcelで待機する場合はTRUE。FALSEあなたは無視するならば待ち、このパラメータがデフォルト値になります。FALSEを選択すると、Excelは、アクティブなウィンドウでキーが処理されるのを待たずにマクロを実行し続けます。キーボードで使

VLOOKUPを使用したSUMIF

sumif(vlookup)の併用Sumif with VLOOKUPは、2つの異なる条件関数の組み合わせです。SUMIFは、使用する基準の代わりに、データを含む範囲の引数を取り、次に基準または条件とセルを合計する条件に基づいてセルを合計するために使用されます。複数の列で使用可能なデータが大量にある場合の基準としてのVLOOKUP。SUMIFは、2007バージョンからExcelで提供されている関数で、基準に一致するさまざまな値を合計します。VLOOKUPは、他のテーブルからデータを収集するための最良の式の1つです。複数の条件と列がある場合、sumif(vlookup)を使用してExcelシートで複数の計算を実行します。SUMIF関数が唯一の数値を返すという欠点は、VLOOKUPを使用することで克服されます。VLOOKUPは、一致した基準に基づいてテーブルからあらゆる種類のデータを返すのに役立ちます。説明SUMIF関数:確立された条件が真の場合に値を合計する三角関数および数学関数です。合計値は、1つの基準のみに基づいて取得されます。ExcelでSUMIF関数を扱う場合、次の式が使用されます範囲:確立された基準を評価するために使用されるセルの範囲です基準:値を合計することが条件です。これは、セル参照、数値、および別のExcel関数である可能性があります。SUMIFとVLOOKUPを組み合わ

VBA XLUP

Excel VBA XLUPVBAコードを作成する際に留意する必要があることの1つは、通常のワークシートで行うことであり、VBAでも同じことを複製できます。VBAコーディングでのそのようなキーワードの1つは「XLUP」です。この記事では、このキーワードがVBAコーディングで何であるか、およびコーディングでどのように使用するかを示します。コーディングでVBAXLUPを使用する方法は?以下は、Excel VBAXLUPの例です。 このVBAXLUP Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA XLUPExcelテンプレート 例1-セルをセルの削除された位置に移動する たとえば、以下のデータのシナリオを見てください。ここでは、これらの色付きのセルデータを削除し、さらに下の行のデータを上のデータまで削除する必要があります。ワークシートでこれを削除する1つの方法は、行全体を簡単に削除できるセルを選択することです。ただし、ここでは、表2の行も削除されても行全体を削除すると、表1のセルに色が付いているため、状況は少し注意が必要です。ただし、これを発生させたくないので、色付きの行を削除するだけで、下のセルを移動する必要があります。削除されたセルの位置を上げます。まず、色付きのセルを選択し、Ctrl +マイナス記号(-)を押して[削除]オプションを開きます。「削除」オプションを開くた

VBA COUNTA

ExcelVBAのCOUNTAワークシート関数以前の記事「ExcelCOUNTA」では、COUNT関数を使用して値の範囲から数値をカウントする方法を説明しました。セルの範囲内のすべての値を数えるのはどうですか?はい、それも数えることができます。セル範囲内のすべてのセル値をカウントするには、ExcelVBAで数式「COUNTA」を使用する必要があります。この記事では、VBAでCOUNTA関数を使用して、指定された範囲内のすべてのセル値をカウントする方法を示します。VBAでのCOUNTA関数の例真実の1つは、「COUNTA」機能はVBA機能ではないということです。あなたの質問は、それがVBA関数でない場合、どのように使用するかということです。VBA関数ではありませんが、VBAコーディングのワークシート関数クラスで使用できます。 このVBACOUNTA Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA COUNTAExcelテンプレート では、Excel VBACOUNTAを適用するコードを書いてみましょう。手順1:サブプロシージャ名を作成します。ステップ2:まず、VBACOUNTA関数の結果を保存する場所を決定します。この例では、結果をセルC2に保存します。したがって、私のコードはRange(“ C2”)。Valueになります。コード: Sub Counta_Example1

VBAファイルの削除

VBAでは、VBAコードを使用してコンピューターに存在するファイルを削除できます。ファイルの削除に使用されるコードは、Killコマンドと呼ばれます。ファイルを削除する方法は、最初にファイルのパスを指定することです。ファイルはコンピューターにあり、Killコマンドを使用してファイルを削除します。VBAコードを使用してファイルを削除する方法は?VBAは最初は難しいものですが、VBAを使用する時間が増えるにつれて、私のようにVBAを愛するようになります。コンピューターの別のフォルダーからファイルを開いたり、それらを操作したり、VBAコーディングを使用してファイルを削除したりすることもできます。この記事では、特定のフォルダー内のVBAコードを使用してファイルを削除する方法を説明します。大規模なプロジェクトで作業しているときは、通常、プロセスをサポートするために多くの中間ファイルを作成します。すべての作業が完了したら、将来の混乱を避けるために、これらのファイルを削除する必要があります。また、1つのシナリオは、通常の作業用に添付ファイルを保存する電子メールを通常受信する場合、またはその時点のレポートを表示したいだけで、後でそれらのファイルを削除する必要がある場合です。これらのファイルを手動で削除すると、時間がかかるか、保存を忘れて、コンピューターのスペースを占有する可能性があります。簡単なVBAコ

VBA列

ExcelVBA列のプロパティVBA Columnsプロパティは、ワークシートの列を参照するために使用されます。このプロパティを使用すると、指定したワークシートの任意の列を使用して操作できます。セルを参照する場合は、RangeオブジェクトまたはCellsプロパティのいずれかを使用します。同様に、VBAの列をどのように参照しますか?「Columns」プロパティを使用して列を参照できます。COLUMNSプロパティの構文を見てください。列を参照するには、列番号またはヘッダーのアルファベットを指定する必要があります。たとえば、2番目の列を参照する場合、3つの方法でコードを記述できます。列(2)列(「B:B」)範囲(「B:B」)例 このVBA列Excelテンプレートはここからダウンロードできます–VBA列Excelテンプレート 例1ワークシートの2番目の列を選択する場合は、最初に、選択する必要のある列番号を指定する必要があります。コード: Sub Columns_Example()Columns(2)End Sub 次に、ドット(。)を入力して、「選択」方法を選択します。このプロパティの問題の1つは、VBAのIntelliSenseリストが表示されないことです。コード: Sub Columns_Example()Columns(2).Select End Sub したがって、上記のVBAコードは

VBAの正しい機能

VBAExcelの正しい機能右関数はワークシート関数とVBAの両方と同じです。この関数の使用法は、指定された文字列から部分文字列を取得することですが、検索は文字列の右から左に実行されます。これはVBAの文字列関数の一種です。 application.worksheet関数メソッドで使用されます。指定されたテキスト値の右側から文字を抽出するために使用されるExcelVBAのRIGHT関数。Excelには、テキストベースのデータを処理するための多くのテキスト関数があります。便利な関数には、テキスト値から文字を抽出するためのLEN、LEFT、RIGHT、MID関数があります。これらの関数を使用する一般的な例は、フルネームとは別に姓名を抽出す

そうでない場合はVBA

VBAにない場合論理関数は、テストに複数の条件または基準を必要とする計算に役立ちます。以前の記事では、「VBA IF」、「VBA OR」、および「VBAAND」の条件を見てきました。この記事では、「VBAIFNOT」機能について説明します。VBA IF NOT関数を紹介する前に、まずVBANOT関数について説明します。VBAのNOT機能とは何ですか?「NOT」は、ExcelとVBAで使用できる論理関数の1つです。すべての論理関数では、論理テストを実行する必要があり、論理テストが正しい場合はTRUEを返し、論理テストが正しくない場合は結果としてFALSEを返します。ただし、「VBA NOT」は、他の論理関数とは完全に反対です。これは論理関数の逆関数だと思います。「VBANOT」関数は、論理テストが正しい場合は「FALSE」を返し、論理テストが正しくない場合は「TRUE」を返します。次に、「VBANOT」関数の構文を見てください。NOT(論理テスト)これは非常に簡単です。論理テストを提供する必要があります。NOT関数はテストを評価し、結果を返します。VBAのNOT&IF関数の例?以下は、ExcelVBAでIF関数とNOT関数を使用する例です。このVBAIF NOT Excelテンプレートはこちらからダウンロードできます– VBA IF NOTExcelテンプレート 例1例については、以下の

現在までのVBA文字列

現在までのExcelVBA文字列Vbaには、指定された文字列を日付に変換できるメソッドがあります。このメソッドは、vbaではCDATE関数と呼ばれます。これは、VBAに組み込まれている関数であり、この関数に必要な部分は、最初に文字列をに変換することです。数値を入力してから、指定された数値を日付に変換します。結果の形式は、システムの日付形式のみに依存します。私たち全員がExcelで直面する一般的な問題の1つは「日付と時刻」であり、多くの場合、テキスト値として保存され、最初は気付かれません。しかし、その時間を使用する必要がある場合は、それらの値がテキストとして保存されていることを知り、それらの処理方法がまったくわかりません。「日付と時刻」は1つの要素に2つ組み合わされたものですが、これらの値がテキスト値として保存されると、操作するのが面倒になります。文字列値を日付に変換する方法は? このVBA文字列から日付までのExcelテンプレートはここからダウンロードできます–VBA文字列から日付までのExcelテンプレート 例1VBA変数が宣言され、文字列として割り当てられると、その変数に割り当てられたものはすべて文字列としてのみ扱われます。例については、以下のコードを見てください。コード: Sub String_To_Date()Dim k As String k = "10-21" MsgBox

VBAの選択

VBAでは、任意の範囲のセルまたはセルのグループを選択して、それらに対してさまざまな操作のセットを実行できます。選択は範囲オブジェクトであるため、範囲メソッドを使用してセルを識別し、セルを選択するコードは次のとおりです。 「select」コマンド。選択に使用する構文はrange(A1:B2).selectです。Excel VBA選択プロパティとは何ですか?選択は、VBAで使用できるプロパティです。セルの範囲を選択したら、何をする必要があるかを決定する必要があります。したがって、このVBAの「選択」プロパティを使用すると、選択したセルで実行できるすべてのことを実行できます。Selectionプロパティの問題の1つは、IntelliSenseリストが表示されないことです。したがって、コードを作成するときは、IntelliSenseリストなしで何をしているかを完全に確認する必要があります。VBAの

VBA FIND

ExcelVBA検索通常のワークシートで検索を使用する場合、キーボードショートカットのCTRL + Fを押して、検索する必要のあるデータを入力します。必要な値がない場合は、次の一致に進みます。そのような一致が多数ある場合は、面倒な作業ですが、 VBAでFINDを使用すると、タスクが実行され、完全に一致します。3つの引数が必要です。1つは、何を見つけるか、どこを見つけるか、どこを見るかです。VBAに移行してマクロで検索関数の使用を開始する前に、まずExcelの検索関数とは何かを学ぶ必要があります。編集グループの下の[ホーム]タブの通常のExcelでは、セル範囲またはワークシート全体で文字列または値を検索するために使用される検索関数を見つけることができます。これをクリックすると、2つのオプションが表示されます。1つは見つけるのが簡単です、別の機能を開くオプションのモードもあることがわかります。これは、Find What、Within、Search、およびlookinの4つの制約を使用して検索アルゴリズムを実行します。Excelの2番目のオプションは、文字列を見つけたときに使用される検索と置換ですが、他の値で何を置き換えるかです。関数構文の検索基本的なExcelでの検索とは何かを上で学びました。VBAでは手動でコードを記述しますが、機能は通常のExcelと同じです。まず、構文を見てみましょう

VBA CSTR

Excel VBACSTR関数VBAのCSTRは、この関数に提供された値を文字列に変換するために使用されるデータ型変換関数です。指定された入力が整数または浮動小数点値であっても、この関数は値のデータ型を文字列データ型に変換します。したがって、この関数の戻り型は文字列です。VBAで値を文字列データ型に変換する必要がある場合、これをどのように処理しますか?このため、VBAには「CSTR」という関数があります。この記事では、VBAの「CSTR」関数の方法論について説明します。文字列は、あらゆる種類の文字列値を保持するデータ型です。文字列とは、一般的にテキスト値を指しますが、VBAコーディングでは当てはまりません。文字列は、任意の順序の文字をデータとして保持できます。たとえば、「He​​llo」は文字列として扱われ、「123456」は文字列として扱われ、「12-04-2019」は文字列として扱われます。このように、文字列データ型は任意の順序の文字を保持できます。CSTR関数はVBAで何をしますか?VBAで別の式を文字列に変換することを考えたことはありますか?疑問がある場合、それは可能ですか?それなら答えは絶対にイエスです!!!「CSTR」は、VBAの文字列形式とは異なる形式の式を変換する関数です。CSTR関数を使用すると、指定された式の値を文字列データ型に変換できます。VBACSTR構文以下は

VBA ISNULL

VBAISNULL関数VBAのISNULLは、指定された参照が空かNULLかを判断するために使用される論理関数です。そのため、名前はISNULLです。これは、結果に基づいてtrueまたはfalseを返す組み込み関数です。結論に到達します。参照が空の場合はtrue値を返し、それ以外の場合はfalse値を返します。エラーを見つけることは、世界で最も簡単な仕事ではありません。特に、データの間にエラーを見つけることは、巨大なスプレッドシートではほとんど不可能です。ワークシートでNULL値を見つけることは、苛立たしい仕事の1つです。この問題を解決するために、VBAに「ISNULL」という関数があります。この記事では、VBAで「ISNULL」関数を使用する方法を紹介します。ISNULLはVBAの組み込み関数であり、結果をブール型(TRUEまたはFALSE)で返すVBAの情報関数として分類されます。テスト値が「NULL」の場合はTRUEを返し、そうでない場合はFALSEを返します。この関数はVBAでのみ使用でき、Excelワークシート関数では使用できません。この関数は、任意のサブプロシージャおよび関数プロシージャで使用できます。構文ISNULL関数の構文を見てください。この関数には、「式」という1つの引数しかありません。式は、テストしている値に他なりません。値は、セル参照、直接値、または変数に割り当

VBA ListObjects

VBAのListObjectsとは何ですか?通常、テーブルに表示されるのはデータセットですが、VBAの用語では、データリストの合計範囲の範囲がある、列はリスト列、行はリスト行などと呼ばれます。したがって、このプロパティにアクセスするために、Listobjectsと呼ばれる組み込み関数があり、これはワークシート関数で使用されます。VBA ListObjectは、VBAコードの記述中にExcelテーブルを参照する方法です。VBA LISTOBJECTSを使用することで、テーブルを作成、削除でき、VBAコードでExcelテーブルを操作できます。Excelテーブルはトリッキーで初心者であり、中級レベルのユーザーでもテーブルの操作が難しいと感じています。この記事では、VBAコーディングでのExcelテーブルの参照について説明しているため、Excelのテーブルについて十分な知識がある方がよいでしょう。データがテーブルに変換されると、セルの範囲を操作するのではなく、テーブルの範囲を操作する必要があるため、この記事では、Excelテーブルを操作してVBAコードを効率的に書き込む方法を示します。ExcelVBAでListObjectsを使用してテーブル形式を作成するたとえば、以下のExcelデータを見てください。VBA ListObjectコードを使用して、このデータのテーブル形式を作成します。 このV

VBA DoEvents

Excel VBADoEvents関数VBA DoEventsの助けを借りて、コードをバックグラウンドで実行すると同時に、Excelやその他のアプリケーションソフトウェアを操作することもできます。DoEventsを使用すると、他のソフトウェアを操作できるだけでなく、コードの実行を中断することもできます。DoEvents関数は、作業中のコンピューターのオペレーティングシステムに制御を渡します。DoEvents関数の使い方は?要件が大きい場合は、大量のVBAコードが必要になります。そのような場合、Excelはしばらくの間ハングして停止し、場合によっては応答しなくなります。 このVBADoEvents Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA DoEventsExcelテンプレート 例については、以下のコードを見てください。コード: Sub DoEvents_Example1()Dim i As Long For i = 1 To 100000 Range( "A1")。Value = i Next i End Sub 上記のコードは、1から100000までのシリアル番号を挿入します。タスクの実行には1分以上かかります。実行中、Excelはタスクを完了するためにかなりの時間ハングします。この間、Excelは「Excelが応答していません」というメッセージを表示します。ま

VBAゴールシーク

ExcelVBAでのゴールシークゴールシークは、Excel VBAで利用可能なツールであり、設定された目標を達成するために達成する必要のある数を見つけるのに役立ちます。たとえば、あなたは学生であり、6つの利用可能な科目から平均90%のスコアを目標としています。現在、5つの試験を完了し、1つの科目しか残っていないため、5つの完了した科目から予想されるスコアは、89、88、91、87、89、および90です。全体の平均パーセンテージ目標である90%を達成するための最終試験。これは、ExcelワークシートおよびVBAコーディングでGOALSEEKを使用して実行できます。VBAでどのように機能するか見てみましょう。VBAゴールシーク構文VBAゴールシークでは、変更する値を指定して最終的なターゲット結果に到達する必要があるため、VBA RANGEオブジェクトを使用してセル参照を指定すると、後でGOALSEEKオプションにアクセスできます。以下は、VBAでのゴールシークの構文です。Range():これでは、目標値を達成するために必要なセル参照を提供する必要があります。目標:この議論では、達成しようとしている目標を入力する必要があります。セルの変更:この引数では、目標を達成するために必要なセル値を変更して供給する必要があります。ExcelVBAゴールシークの例以下は、ExcelVBAでのゴールシークの

VBA次を探す

ExcelVBA次を検索Excelのように、CTRL + Fを押すと、ウィザードボックスがポップアップし、指定されたワークシートの値を検索できます。値が見つかったら、[次を検索]をクリックして、他の同様の値を見つけます。これは、ワークシートの機能です。同じ目的で、アプリケーションプロパティメソッドとしてapplication.findnextとしてVBAで使用することもできます。上記の範囲で特定の値を見つけることは問題ありませんが、要件が複数回出現する値を見つけることである場合はどうでしょうか。以前の記事の1つで、VBAの「検索」メソッドについて説明しましたが、複雑ではありませんが、ExcelVBAの「次を検索」メソッドでのみ繰り返し発生するすべての検索が可能です。この記事では、ExcelVBAでこの「次を検索」を使用する方法を紹介します。Excel VBAで次を検索とは何ですか?「次を検索」とは、見つかったセルから、検索を開始した

VBA一時停止

VBAコードの実行を一時停止しますVBA一時停止は、コードの実行を指定された時間一時停止し、application.waitメソッドを使用してVBAでコードを一時停止するために使用されます。何かを実行した後に大規模なVBAプロジェクトをビルドする場合、他のタスクを実行するためにしばらく待つ必要がある場合があります。このようなシナリオでは、タスクを実行するためにマクロコードをどのように一時停止しますか?「待機」と「スリープ」の2つの関数を使用して、VBAコードを指定した期間一時停止できます。Waitメソッドを使用してコードを一時停止する方法は?「待機」は、マクロを特定の時間実行し続けるためにVBAで使用する関数です。この関数を適用することにより、コードが何時まで待機するかについて言及する必要があります。 このVBA一時停止Excelテンプレートはここからダウンロードできます–VBA一時停止Excelテンプレート たとえば、13:00:00にコードを実行している場合、時間を「13:15:00」と指定すると、マクロの実行が15分間保持されます。ここで、VBAのWAIT関数の引数を見てください。時間の議論では、コードを一時停止または待機するタイミングについて言及する必要があります。たとえば、以下のVBAコードを見てください。コード: Sub Pause_Example1()Range( "A1

VBAロング

VBAの長いデータ型とは何ですか?Longは数値を格納するために使用されるVBAのデータ型であり、整数も数値を保持することがわかっていますが、longデータ型の場合もデータの格納範囲が非常に大きいため、Longは整数とは異なります。 10進値も保持できるデータ型。これは組み込みのデータ型です。名前が示すように「長い」、それは何か大きなものの価値を保持する必要があります。「long」は、VBAExcelの数値データ型です。Excel VBAのlongデータ型は、正の数の場合は0から2、147、483、647の値を保持でき、負の数の場合は0から-2、147、483、648の値を保持できます。VBA Longデータ型には、コンピューターに4バイトのメモリストレージが必要です。これは、2倍整数データ型可変メモリ(2バイト)であり、2倍データ型可変メモリの半分(8バイト)です。短いキャリアでVBALongデータ型の制限を十分に活用したいというシナリオは見たことがありません。しかし、それをよりよく理解するために、いくつかの例を示します。VBAロングデータ型の例以下は、Excel VBALongデータ型の例です。このVBAロングデータタイプExcelテンプレートはここからダウンロードできます–VBAロングデータタイプExcelテンプレート VBAの長い例#1変数のデータ型を「Long」として宣言する

折れ線グラフの例

Excelの折れ線グラフの例折れ線グラフは、線のある一連のデータポイントを含むデータのグラフィック表現です。これらのタイプのグラフは、時間の経過に伴うデータを視覚化するために使用されます。以下に示すExcelの折れ線グラフの例を検討してください。折れ線グラフは、水平方向のx軸で構成される水平方向の線を表示します。これは、x軸の値が何にも依存しないため、独立した軸です。通常、x軸は、関係なく前進し続けるため、時間になります。 y軸の値はx軸に依存し、結果は水平方向に進む線になるため、従属軸である垂直y軸。例を含むさまざまなタイプの折れ線グラフ折れ線グラフにはさまざまな種類があり、次のとおりです。折れ線グラフ–このグラフは、時間の経過(年、月、日)またはさまざまなカテゴリの傾向を示します。これは基本的に、時間またはカテゴリの順序が重要な場合に使用されます。マーカー付きの折れ線グラフ–これは折れ線グラフに似ていますが、データポイントがマーカーで強調表示されます。積み上げ折れ線グラフ–これは、データポイントの線が各ポイントで累積されるため、重なり合わないタイプの折れ線グラフです。マーカー付きの積み上げ折れ線グラフ–これは積み上げ折れ線グラフに似ていますが、データポイントがマーカーで強調表示されます。100%積み上げ折れ線グラフ–このグラフは、全時間またはカテゴリへの寄与率を示します。マーカー付

VBA LEN

Len関数は、ワークシートとVBAの両方に共通の関数であり、両方のプラットフォームに組み込まれている関数であり、この関数を使用するための構文も類似しています。この関数が両方のプラットフォームで取る引数は類似しており、文字列と使用法です。または、この関数の出力は、文字列の長さを返すのと同じです。VBALEN関数VBA LEN関数は、「文字列の長さ」を返します。つまり、指定された値に含まれる文字数を返します。VBAのすべての文字列関数の中で、「LEN」は最も活用されていない関数です。「VBALEN」関数は、VBAMID関数やVBARIGHT関数などの他の文字列関数のサポート関数として使用されています。文字列または値の長さをどのように見つけますか?たとえば、「Hello Guys、GoodMorning !!!」という文の場合 その中の文字数を知りたい場合、どのように見つけますか?この記事では、「VBALEN」機能を紹介します。VBALEN関数の式LEN関数には、式という1つの構文しかありません。式は、テストしようとしている値に他なりません。たとえば、Len(「Good」)は4を返します。例以下は、文字列関数のVBA長さの例です。例1VBA文字列関数の長さは非常に簡単に使用できます。たとえば、以下のVBAコードを見てください。コード: Sub LEN_Example()Dim Total_L

Excelでグループ化

Excelのグループとは何ですか?グループは、2つ以上の行または列をグループ化できる優れたツールであり、行または列のグループをグループ化するのに役立ちます。また、グループを最小化および最大化するオプションを提供し、グループを最小化するとそれらの行が非表示になります。または、列をグループ化して最大化するとグループが表示されます。[グループ]オプションは、[アウトライン]セクションの[データ]タブで使用できます。Excelでデータをグループ化する方法は?(例付き) このグループをExcelテンプレートでダウンロードできます–グループinExcelテンプレート データをいつグループ化する必要があるのか​​、Excelでどのようにグループ化するのか疑問に思う必要があります。このために、ワークシートの簡単なサンプルデータを作成しました。ここでデータ構造を説明します。国はいくつかのアイテムで同じであり、時にはいくつかの国があります。すべての国の名前を表示する代わりに、すべての国を1つにまとめてデータを非常に正確にするか、一歩先に進んで製品をグループ化し、データをほとんど表示しないようにすることができます。例1-自動アウトラインまたはグループを自動的に作成するステップ1:国ごとに小計を手動で追加します。ステップ2:データ内にカーソルを置き、[データ]タブ> [グループ]> [自動アウトラ

VBA名前変更シート

Excelでシートの名前を変更するには、ワークシートが表示されている下のタスクバーからダブルクリックして行いますが、VBAではSheetsまたはWorksheetプロパティメソッドを使用してシートの名前を変更します。VBAでシートの名前を変更する構文は次のとおりです。古いシート名」)。Name=「新しいシート名」。ExcelVBAでシートの名前を変更する私たちは皆、自分の身元や都合に合わせてワークシートの名前を変更するというこのタスクを実行しましたね。名前の変更は習得するロケット科学ではありませんが、VBAコーダーの場合は、ワークシートの名前を変更するこのタスクを知っている必要があります。ワークシートの名前を使用して作業するため、VBAコーディングにおけるワークシート名の重要性を知ることが重要です。この記事では、ExcelVBAコーディングを使用してシートの名前を変更する方法を示します。VBAでシートの名前を変更するにはどうすればよいですか?ワークシートの名前を変更するのに特別なスキルは必要ありません。既存のシート名を入力して、変更するシート名を参照するだけです。たとえば、「シート1」という名前のシートの名前を変更する場合は、Worksheetオブジェクトを使用してその名前でシートを呼び出す必要があります。ワークシート(「シート1」)シート名を指定した後、「Name」プロパティを選択し

VBA待機機能

ExcelVBA待機機能VBA待機は、コードの実行を指定された時間一時停止するために使用される組み込み関数です。これは、sleepコマンドで行う操作と非常によく似ており、application.waitメソッドを使用してコードを一時停止します。一部のコードは、他のタスクを完了する必要があるため、コードの次の行に進むまでにしばらく時間がかかります。このような場合、実行するコードを停止し、しばらく一時停止してから実行を続行する必要があります。実行するコードを一時停止するには、2つの方法があります。1つは「Sleep」メソッドで、もう1つは「Wait」メソッドです。以前の記事では、VBAコードを一時停止する「VBAスリープ」メソッドについて説明しました。名前自体が示す「待機」は、指定された時間枠で実行されるマクロコードを保持します。このメソッドを使用して、コードを一時停止する時間を指定する必要があります。次に例を示します。WAIT関数の構文は次のとおりです。コードが一時停止する時間について言及する必要があります。最後にわかるように、ブール値と表示されています。これは、結果をブール値、つまりTRUEまたはFALSEとして返すことを意味します。指定された時刻になるまではFALSEと表示され、指定された時刻になるとTRUEが返されます。これは、SLEEPがWindows関数であるWAITが組み込み

エラー時のVBA

エラーステートメントのExcelVBAVBA On Errorステートメントは、エラー処理メカニズムの一種であり、何らかのタイプのエラーが発生した場合にコードが何をするかをガイドするために使用されます。通常、コードでエラーが発生すると実行は停止しますが、コード内のこのステートメントを使用すると、エラーが発生したときに実行する一連の命令があるため、コードは続行されます。コードのエラーを予測することで、VBAコーディングのプロになります。何らかの方法でコードに自信があり、エラーが発生する可能性がある場合でも、コードを100%効率的にすることはできません。あらゆる種類のエラーを特定して処理することはほとんど不可能な作業ですが、VBAでエラーを処理する方法はさまざまです。コードを書いている間、エラーコードの種類がスローされるとは思わないかもしれませんが、エラーが発生した場合は、コード自体を書くよりもデバッグに多くの時間を費やすことになります。エラーとは何ですか?エラーは、機能または間違ったコードのためにコード行を実行できないことに他なりません。したがって、エラーを予測して処理するようにしてください。たとえば、そこにないシートを削除しようとすると、明らかにそのコード行を実行できません。エラーには3つのタイプがあり、1つは宣言されていない変数によるコンパイル済みエラーです。2つ目は、コーダーによる

VBADIR関数

Excel VBADIR関数VBA DIR関数はディレクトリ関数とも呼ばれます。これはVBAに組み込まれている関数で、特定のファイルまたはフォルダーのファイル名を指定するために使用されますが、ファイルのパスを指定する必要があります。これにより、出力が返されます。関数はファイルの名前を返すため文字列です。この関数には、パス名と属性の2つの引数があります。DIR関数は、指定されたフォルダーパスの最初のファイル名を返します。たとえば、Dドライブに2019という名前のフォルダがあり、そのフォルダに「2019 Sales」という名前のファイルが優れている場合、DIR関数を使用してこのファイルにアクセスできます。「VBADIR」関数は、パスフォルダを使用してファイルの名前を取得するのに非常に役立ちます。構文この関数には、2つのオプションの引数があります。[パス名]:名前のとおり、ファイルにアクセスするためのパスは何ですか。これは、ファイルの名前、フォルダーの名前、またはディレクトリの場合もあります。パスが割り当てられていない場合は、空の文字列値、つまり「」を返します。[属性]:これもオプションの引数であり、コーディングではあまり使用しない場合があります。[パス名]でファイルの属性を指定すると、DIR関数はそれらのファイルのみを検索します。例:隠しファイルのみにアクセスしたい場合、読み取り専用ファイ

VBA DATEVALUE

VBA DateValue関数とは何ですか?DateValue関数は、ExcelVBAの日付/時刻関数のカテゴリに組み込まれている関数です。これは、vbaではVBA関数とワークシート関数の両方として機能します。この関数は、Date文字列によって提供される時刻の情報を無視して、文字列表現形式で提供されるDateのシリアル番号または値を返します。Excelでは2つの異なる方法で使用されます。この関数は、ワークシートセルに入力するワークシート数式として使用されます。これは、MicrosoftExcelに関連付けられたVisualBasicEditorを介して入力するVBAアプリケーションのマクロコードとして使用されます。この記事では、VBA DATEVALUEの例と、その使用方法を明確に説明して学習します。VBA日付値関数の説明VBAでは、DATEVALUEは次の構文を使用します。この関数は、単一の引数またはパラメーターのみを使用します日付:文字列形式で表される日付です戻り値:この関数は、VBA関数として使用された日付の値を返します。ワークシート関数として使用される場合、日付値を返しますVBA DateValue関数は、有効なExcel形式で記述されているテキスト形式で表されたデータを解釈できます。文字列に平日のテキスト表現が含まれている場合、日付値を返すことはできません。VBA DateV

VBAのサイズ変更

ExcelVBAのサイズ変更サイズ変更は、必要に応じてアクティブセルからセルの範囲を変更またはサイズ変更するためにVBAで使用できるプロパティです。たとえば、セルB5にいると仮定します。このセルから、3行2列を選択する場合は、VBAのRESIZEプロパティを使用して範囲のサイズを変更できます。VBARサイズ変更プロパティの構文以下は、VBARESIZEプロパティの構文です。Range()。Resize([行サイズ]、[列サイズ])まず、Rangeオブジェクトを使用して、サイズを変更する必要のあるセルを指定する必要があります。次に、Excel VBA Resizeプロパティを使用します。このプロパティでは、行サイズの制限と列サイズの制限を指定する必要があります。提供された行番号と列番号に基づいて、サイズが変更されます。VBAでサイズ変更を使用する例以下は、ExcelVBAでサイズ変更を使用する例です。このVBARサイズ変更Excelテンプレートはここからダウンロードできます–VBAサイズ変更Excelテンプレート 例1A1からB14セルまでのデータがあり、A1セルから下に3行、左に2列の範囲を選択する場合は、ExcelVBAのRESIZEプロパティを使用してこれを行うことができます。以下は、この例で使用しているデータです。したがって、最初に、RANGEオブジェクトを使用して、最初のセル参

VBA書き込みテキストファイル

ExcelVBA書き込みテキストファイルVBAでは、テキストファイルを開いたり、読み取ったり、書き込んだりできます。テキストファイルを書き込むとは、Excelシートにあるデータを意味し、テキストファイルまたはメモ帳ファイルに保存する方法が2つあります。1つは次の方法です。 VBAのファイルシステムオブジェクトプロパティを使用する方法と、VBAでOpen andwriteメソッドを使用する方法があります。ほとんどの企業では、レポートが完成すると、データベースにレポートをアップロードしようとします。データベースにアップロードするには、「テキストファイル」形式を使用してデータベースを更新します。通常、Excelからデータをコピーしてテキストファイルに貼り付けます。テキストファイルに依存する理由は、軽量でシンプルな方法で操作が非常に簡単だからです。VBAコーディングを使用することで、Excelファイルからテキストファイルにデータをコピーするタスクを自動化できます。この記事では、VBAコードを使用してExcelファイルからテキストファイルにデータをコピーまたは書き込む方法を紹介します。VBAを使用してテキストファイルにデータを書き込む方法は?Excelからテキストへのデータの書き込みは複雑なコーディングであり、VBAコーディングに関する非常に優れた知識が必要です。以下の手順に従って、Excelか

VBAタイプ

タイプは、DIM関数と同様の変数を定義するために使用されるVBAのステートメントであり、変数に1つ以上の値があるユーザー定義レベルで使用されます。ただし、タイプステートメントにはパブリックまたはプライベートの2つの命名法があります。これらはオプションで使用できますが、変数名と要素名は必須です。Excel VBAのタイプステートメントとは何ですか?VBA Type Statementは、各変数に異なるデータ型が割り当てられた1つのグループ名で変数を定義するために使用されます。これは、複数の変数を1つのオブジェクトの下にグループ化して、定義された型名で使用するのに役立ちます。Typeステートメントを宣言することで、VBAでクラスモジュールを使用することを回避できます。スペースを節約できる既存のモジュールに埋め込むことができるため、文字列モジュールは必要ありません。以前の記事の1つで、すべての変数を1つのグループ名でグループ化する「VBAENUM」について説明しました。たとえば、「Mobiles」というグループ名がある場合、「Redmi、Oppo、Vivo、Samsung、LGなど」のようなグループメンバーがいます。したがって、Enumステートメントをそれぞれの値と一緒にグループ化できます。列挙型モバイルRedmi = 12000Oppo = 18000Vivo = 18000サムスン= 2

VBA Asc

Excel VBAAsc関数VBAのAsc関数は、指定された文字列(引数/パラメーターとして提供された文字列)の最初の文字に対応する文字コードを表す整数値を関数に返すために使用されます。これは、通常Visual BasicEditorを介して入力されるマクロコードで使用または指定できます。マクロコードの編集とデバッグに使用できるVisualBasic Editor(VBE)でマクロが実行されるExcel環境。マクロコードを保持し、Excelブックにリンクします。Asc関数によって返される整数値は、VBAの対応するASCII文字コードです。ASCII(情報交換のためのアメリカ標準コード)は、ラテンアルファベット、10アラビア数字、いくつかの句読点、および制御文字を含む合計128文字が定義されている7ビットの文字エンコードです。エンコードに最低8ビットのスペースが必要なため、発音区別符号は含まれません。この8ビットコーディングは、合計256文字が定義されているANSI(米国規格協会)を使用して行われます。ANSIは拡張ASCIIとも呼ばれます。VBAAsc関数の構文ASC関数の一般的な構文は次のとおりです。ASC式の構文には、次の引数があります。文字列:必須。最初の文字に対応する文字コードが必要であり、返されるテキスト文字列を表します。指定された文字列に1文字しかない場合、関数は明らかにそ

VBAスリープ機能

ExcelVBAスリープ機能VBAスリープ関数は、Windows DLLファイルの下にあるWindows関数であり、プログラムを再開できる一定の時間の後、マクロプロシージャの実行を指定された時間停止または一時停止するために使用されます。他の一連のタスクを完了するために、マクロ実行プロセスを一時停止する必要がある場合があります。他のタスクのセットは、コーディングの一部または他のマクロプロシージャの一部であるか、現在のExcelマクロに入力することができます。プログラムの実行中にプログラムを一時停止するにはどうすればよいですか?ユーザーが指定した時間、手順のコードを一時停止し、その後、プログラムを再開することができます。SLEEP関数を使用してVBAでこれを行うことができます。VBAスリープ機能は何をしますか?名前自体が「しばらく眠る」、「しばらく休む」、「しばらく一時停止する」、しばらく休む」などと言うように、SLEEP。スリープ機能を使用すると、ユーザーはマクロコードをミリ秒単位で一時停止できます。これを使用すると、マクロコードのプロセスを遅らせることができます。SLEEPという組み込み関数があると思うなら、それは間違いです。VBAにはそのような関数がなく、Windows関数としてSleepという関数があるからです。特別なコードセットを入力することで、VBAでこの関数を実際に呼び出すこ

PowerBI計算

PowerBI計算機能CALCULATEは、Power BIでよく使用されるDAX関数です。CALCULATEは何もできませんが、この関数は、さまざまなシナリオで他のDAX関数を適用するための基本関数として機能します。たとえば、フィルターを適用して特定の1つの都市の平均売上高を求めたい場合は、CALCULATE関数を使用してフィルターを適用し、計算を行うことができます。したがって、CALCULATE関数は、適用されたすべてのフィルターを使用してユーザーが指定した式を評価します。以下は、CALCULATE関数の構文です。式:これは、実行する必要のある式に他なりません。たとえば、売上合計を取得する必要がある場合です。フィルタ1:適用する必要のあるフィルタが指定された式に基づきます。たとえば、式の結果を取得するには、フィルター1は特定の都市になります。フィルタ2:適用する必要のあるフィルタの2番目のセットが与えられた式に基づきます。たとえば、特定の都市の特定のPINコード地域。この記事では、PowerBIで計算する重要で頻繁に使用されるDAX関数の1つについて説明します。PowerBIのDax計算関数の例以下は、Dax計算機能の例です。例1以下は、PowerBIのCALCULATE関数を示すために使用するデータです。以下のリンクからExcelワークブックをダウンロードして同じデータを使用でき

VBAMID関数

Excel VBAMID関数VBA MID関数は、指定された文または単語の途中から値を抽出します。MID関数は文字列とテキスト関数に分類されます。これはワークシート関数です。つまり、VBAでこの関数を使用するには、application.worksheetメソッドを使用する必要があります。名、姓、またはミドルネームを抽出したい場合があります。このような状況では、TEXTカテゴリの数式が要件を満たすのに役立ちます。この関数の使用法はワークシート参照の使用法と同じであり、構文も同じです。構文Excel MID関数と同様に、VBAでも同様の構文値のセットがあります。以下は構文です。検索する文字列:これは、文字列の文、つまり値を抽出する文字列または単語に他なりません。開始位置:文のどの位置から抽出するか。これは数値である必要があります。抽出する文字数:開始位置から何文字抽出しますか?これも数値である必要があります。VBA MID関数の使用方法は? このVBAMID関数テンプレートはここからダウンロードできます– VBAMID関数テンプレート 例1「HelloGoodMorning」という単語があり、この文から「Good」を抽出したいとします。以下の手順に従って、値を抽出します。ステップ1:最初にマクロ名を作成します。コード: Sub MID_VBA_Example1()End Sub ステップ

VBAワークシート機能

ExcelVBAワークシート関数VBAのワークシート関数は、特定のワークシートを参照する必要がある場合に使用されます。通常、モジュールを作成するときに、コードはワークブックの現在アクティブなシートで実行されますが、特定のワークシートでコードを実行する場合は、ワークシート関数を使用します。この関数には、VBAでさまざまな用途と用途があります。VBAの最も優れている点は、ワークシートで数式を使用する方法と同様に、VBAにも独自の関数があることです。これが最高であれば、「VBAでもワークシート関数を使用できる」という美しい点もあります。はい!!!あなたはそれを正しく聞いた、私たちはVBAのワークシート関数にもアクセスすることができます。コードの記述中にワークシート関数の一部にアクセスして、コードの一部にすることができます。VBAでワークシート関数を使用する方法は? このVBAWorksheetFunctionテンプレートはここからダウンロードできます– VBAWorksheetFunctionテンプレート ワークシートでは、すべての数式は等号(=)で始まります。同様に、VBAコーディングでは、ワークシートの数式にアクセスするために「WorksheetFunction」という単語を使用する必要があります。ワークシートの数式を入力する前に、「WorksheetFunction」オブジェクト名を指

VBA Now

Excel VBANow関数NOWは、現在のシステムの日付と時刻を取得するために使用される両方のVBAの日付と時刻の関数であり、引数をとらないワークシート関数と同様に、VBAのNow関数も引数をとらないため、出力が返されます。この関数の日付です。VBA NOW関数は、Excelワークシート関数の関数に似ています。VBA「NOW」のDATE関数にも渡すパラメーターがないように、閉じ括弧を付けて関数を渡すか、括弧を使用する必要はありません。VBAのDATE関数を使用すると、作業中のシステムを示す現在の日付を生成できます。ただし、日付とともに現在の時刻が必要な状況もあります。Excelではさまざまなことができます。同様に、ExcelのNOWという単純な関数を使用して現在の日付と時刻を生成できます。VBANOWの式は単純です。今()VBAExcelのNOW関数の例VBAのNOW関数の簡単な例を見てください。以下の手順に従ってVBAコードを記述し、コードの記述だけでなく、NOWについてもかなりの知識を持ってください。ステップ1:マクロ名を付けてサブプロシージャを開始します。コード: Sub Now_Example1()End Subステップ2:変数を「日付」として宣言します。最終結果が日付と時刻の形式であるため、変数を「日付」として宣言する必要がある理由。コード: Sub Now_Example

VBA日付関数

Excel VBADATE関数VBA Dateは日付と時刻の関数であり、使用しているシステム日付に従って現在の日付のみを返します。また、この関数には引数がまったくないことに注意してください。覚えておくべきもう1つの重要な要素は、この関数です。現在のシステム日付を返します。エクセルでは、いくつかの機能なしでは生きていけません。「VBA日付」はその機能の1つです。Excelワークシートを頻繁に使用する場合は、システム日付に従って現在の日付を返す「TODAY()」という関数に注意する必要があります。日付は非常に単純な関数であり、使用しているシステム日付に従って現在の日付のみを返します。これは、ワークシート関数「TODAY」と非常によく似ていますが、本質的に揮発性ではありません。Excel DATE関数の構文は、指定する引数がなく、空の括弧のみが含まれているため、非常に単純です。日付()括弧は、関数を使用するときに関数を説明するためだけにあり、括弧を入力する必要はありません。Excel VBA日付関数の使い方は? このVBA日付Excelテンプレートはここからダウンロードできます–VBA日付Excelテンプレート 例1セルA1に現在の日付を挿入するとし、以下の手順に従って、セルA1に現在の日付を挿入するコードを記述します。手順1:マクロ名を作成します。コード: Sub Date_Example

VBA Exit Sub

ExcelVBA終了サブプロシージャExit Subステートメントは、VBAコードの定義された行よりも早くサブプロシージャを終了します。ただし、サブプロシージャを終了するには、何らかの論理テストを適用する必要があります。これを簡単な言葉で組み立てましょう。 Sub MacroName() '...'ここにいくつかのコード '... Exit Sub'以下のコード行を実行せずにSubを終了します '...'このコードは無視されます '... End Sub 例 このVBAExit Sub Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA Exit SubExcelテンプレート 例1より良い例については、以下のコードを見てください。コード: Sub Exit_Example1()Dim k As Long For k

VBAの名前付き範囲

ExcelVBAの名前付き範囲特定のセルまたはセル範囲を参照しないように大量のデータを処理する場合、通常は名前付き範囲を作成し、名前付き範囲を通じて必要なセル範囲を参照できるようにします。名前範囲を作成するためのVBAには、名前の追加機能があります。セルまたはセルの範囲を選択して、名前を付けることができます。セルに名前を付けた後、通常の行または列の参照の代わりに、定義された名前を入力することで、それらのセルを参照できます。 このVBA名前付き範囲Excelテンプレートはここからダウンロードできます–VBA名前付き範囲Excelテンプレート 名前付き範囲を作成する方法は?名前付きの範囲を作成するのは、公園の散歩です。最初に行う必要があるのは、Excelで名前範囲を作成するセルを特定することです。例については、以下の画像をご覧ください。B4セルで利益を得るには、式B2 –B3を適用しました。これは誰もが行う一般的なことです。しかし、名前を作成して、「売上高」–「コスト」のような式を適用するのはどうですか。セルB2> [名前]ボックスにカーソルを置き、Salesと呼びます。B3セルにカーソルを置き、コストと呼びます。これで、利益列で、セル参照の代わりにこれらの名前を参照できます。これは、名前付き範囲の基本です。VBAコードを使用して名前付き範囲を作成する方法は?例1VBAコードを使用し

VBA UCase

Excel VBAUCase関数VBAのUcaseは、提供された入力文字列を大文字に変換するために使用される組み込み関数であり、入力として文字列である単一の引数を取り、この関数によって生成される出力は文字列です。この関数は、最初の文字だけでなく、すべての関数を大文字に変換することに注意してください。Excelで一部のテキスト値を大文字に変換する必要がある場合があります。これは、通常のワークシート関数のUPPER関数とVBAコードのUCase関数を使用して実行できます。すでにVBAでUPPER関数を検索している場合は、ワークシート関数クラスを使用しても見つかりません。VBAでは、これは完全に異なり、短い名前の関数、つまり「UCASE」です。ここで、「U」は「UPPER」を表すため、式は「UPPERCASE」になります。構文次に、UCASE関数の構文を見てください。文字列:これは、大文字に変換しようとしているテキスト値に他なりません。これは、直接値またはセル参照の場合もあります。両方の種類の例をすぐに見ていきます。VBA Ucaseを使用してテキストを大文字に変換する方法は? このVBAUCase Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA UCaseExcelテンプレート 例1UCase関数を使用して、テキスト値Excelvbaを大文字のテキストに変換してみましょう。

VBAオペレーター

ExcelVBA演算子でVBA演算子はつの番号が他よりも他よりも大きいか小さいか、別の数に等しいとも等しくないかどうかを確認するために使用されます。この方法は、A> Bが比較演算子を使用しているなど、Excelで使用している演算子を使用するのと似ています。私たちがどれだけ上手で、どれだけ仕事に精通しているかは関係ありません。基本を正しく行わないと、すべてが混乱してしまいます。第一に、私たちが基本を正しく学ばなければ、どんな職業であれ、次のレベルに進むことはできません。今日の記事では、「VBA演算子」の基本概念の1つを紹介するため、私が基本に重点を置いている理由。演算子はあらゆる計算の中心です。これらは、あるものを別のものと比較するために使用する記号です。日常の職場でこれらのロジックを使用したに違いありません。数学演算子のリスト以下は、私たちが定期的に使用する数学演算子のリストです。上記は数学演算子であり、それらはすべての人に共通です。比較演算子もあります。以下にそれらのリストを示します。VBAの比較演算子のリスト等号(=)大なり記号(>)大なり記号(> =)符号未満(<)等号()これらの演算子について詳しく説明しましょう。 このVBAオペレーターExcelテンプレートはここからダウンロードできます–VBAオペレーターExcelテンプレート 等号(=)この記号は、

VBAセットステートメント

Excel VBASetステートメントVBA Setは、オブジェクトまたは変数への参照を示す値キーを割り当てるために使用されるステートメントです。たとえば、Set M = Aと書くと、この関数を使用して特定の変数のパラメーターを定義します。参照には、Aと同様の同じ値と属性があります。VBAでは、オブジェクトがないと何もできないため、オブジェクトはExcelのコアです。オブジェクトは、ワークブック、ワークシート、および範囲です。変数を宣言するときは、それにデータ型を割り当てる必要があります。また、オブジェクトをデータ型として割り当てることもできます。宣言されたオブジェクト変数に値を割り当てるには、「SET」という単語を使用する必要があります。「セット」という言葉は、VBAの新しいオブジェクトを指すために使用されます。たとえば、特定のワークシートの特定の範囲を指します。Excel VBA Setステートメントの使用方法は? このVBAセットステートメントテンプレートはここからダウンロードできます–VBAセットステートメントテンプレート #1-範囲オブジェクト変数を使用したステートメントの設定たとえば、A1からD5の範囲を頻繁に使用するとします。変数をrangeとして宣言し、範囲参照をRange( "A1:D5")として設定できるたびに、コードをRange( "A1:D5")として記述する代

PowerBIレポートの例

powerbiレポートとpowerbiダッシュボードを混同しないようにしましょう。レポートはダッシュボードの詳細バージョンであり、新しいユーザー向けにpowerbi自体に組み込まれているまたは統合されているサンプルから確認できるデータの広範な表現が含まれています。PowerBIレポートの例Power BIを初めて使用し、Power BIでレポートを作成する方法を知りたい場合は、この記事が最適です。この記事では、Power BIでの学習を開始するための簡単な手法を使用して、PowerBIでレポートの例を作成する方法を示します。この例で使用されているワークブックをダウンロードして、一緒に練習することができます。 このPowerBIレポートの例のExcelテンプレートはここからダウンロードできます– PowerBIレポートの例のExcelテンプレート 例を使用してPowerBIでレポートを作成する方法ここでは、Power BIでの学習を開始するための簡単な手法を使用して、PowerBIでレポートの例を作成する方法を示します。#1-PowerBIのレポート既にExcelでジェネレーターと高度な数式ユーザーをレポートしている場合は、PowerBIでレポートを作成するのはそれほど難しくないようです。したがって、あなたはすでに上級のExcelユーザーであり、この記事を始めていると想定しています。以下

VBAROUND関数

ExcelVBAラウンド関数VBAの丸め関数は数学関数であり、名前自体が示すように、指定された数値をユーザーが指定した特定の小数点以下の桁数に切り上げるか切り下げます。この関数は丸めのロジックを使用します。つまり、5が参照および小数点以下の最後の桁が5未満の数値は切り捨てられ、その逆も同様です。数値は、小数点以下2桁、小数点以下3桁、または小数点なしに丸めることができます。たとえば、番号が5.8697の場合です。数値を2桁の小数に丸めると、5.87になります。3桁に丸めると、5.870に丸められます。ゼロに丸めたい場合は、6になります。-銀行番号では、0.5未満のすべての小数点以下の桁数は前の整数値に切り捨てられ、0.5以上のすべての小数点以下の桁数は次の整数値に切り上げられます。ワークシートでROUND関数を使用したことを願っています。VBAでもこの関数を使用できますが、これらの関数とは異なります。これら2つの関数の違いについては、この記事の後半で説明します。構文Round関数の構文を見てください。数値:これは、丸めようとしている数値です。[小数点以下の桁数]:小数点以下の桁数。例 このVBAラウンド関数Excelテンプレートはここからダウンロードできます–VBAラウンド関数Excelテンプレート 数

VBA整数

整数はVBAのデータ型であり、整数値を保持するために任意の変数に与えられます。整数変数が保持できる数の制限または括弧は、VBAでは他の言語と同様であり、任意の変数は整数として定義されます。 VBAでDIMステートメントまたはキーワードを使用する変数。ExcelVBA整数すべての変数宣言の後にそれらの変数に割り当てるデータ型が続く必要があるため、データ型はどのコーディング言語でも非常に重要です。使用できるデータ型はいくつかあり、各データ型にはそれぞれ長所と短所があります。変数を宣言するときは、特定のデータ型に関する詳細を知ることが重要です。これは、VBAの「整数」データ型に関する記事です。「整数」データ型の全体像を示します。整数データ型とは何ですか?整数は整数であり、正、負、ゼロの場合がありますが、小数ではありません。VBAのコンテキストでは、「整数」は変数に割り当てるデータ型です。小数点以下の整数を保持できる数値データ型です。整数データ型VBALONGデータ型の半分である2バイトのストレージ、つまり4バイト。ExcelVBA整数データ型の例以下は、VBA整数データ型の例です。 このVBA整数データ型テンプレートはここからダウンロードできます–VBA整数データ型テンプレート 例1変数を宣言するときは、データ型を変数に割り当て、要件に基づいてすべてのユーザーが一般的に使用する整数型を割り当

VBAクラスモジュール

ExcelVBAクラスモジュールVBAを使用するときは、VBAで定義されたプロパティと属性を使用しますが、独自のプロパティとメソッドと属性を作成する場合、つまりVBAでクラスモジュールを使用してユーザー定義にする場合はどうなりますか?クラスモジュールには、ユーザーが関数、プロパティ、およびオブジェクトに対して定義した独自のコードセットがあります。クラスモジュールは、オブジェクトを作成するために使用されます。変数であってもオブジェクトと言うと、それらは小さなプログラムです。コードを書いている間、私たちは通常モジュールで書きます。基本モジュールは、仕事をするためのコードを書く場所です。また、ユーザーフォームを使用してグラフィックユーザーインターフェイスを作成します。しかし、上の画像を見ると、「クラスモジュール」がわかります。この投稿を読むまで、あなたがそれに触れていないことは確かです。通常のモジュール自体を使用してすべてのジョブを実行できる場合、このVBAクラスモジュールは何であるか疑問に思われるはずです。クラスモジュールとは何ですか?クラスモジュールを使用すると、「ワークシート」、「ワークブック」、「範囲」などの通常のモジュールに組み込みオブジェクトがあるのと同じように、ユーザーが独自のオブジェクトを作成できます。このようにクラスモジュールを使用して、カスタムオブジェクトを作成できます。

VBA Const

VBA定数(定数)とは何ですか?変数は、あらゆるプログラミング言語の核心です。プロジェクトやプログラムの変数に依存しないコーダーや開発者を見たことがありません。私もコーダーとして他の人と変わらないので、99%の確率で変数を使用しています。私たちは皆、VBA変数を宣言する「Dim」ステートメントを使用しています。これらすべての記事で、「Dim」ステートメントを使用した変数の宣言について説明しました。ただし、別の方法を使用して変数を宣言します。この記事では、変数を宣言する別の方法、つまり「VBA定数」メソッドを紹介します。「const」は、VBAの「Constants」を表します。VBAの「Const」という単語を使用すると、「Dim」キーワードを使用して変数を宣言するのと同じように変数を宣言できます。この変数は、モジュールの先頭、モジュール間、vbaおよび関数プロシージャの任意のサブルーチン、およびクラスモジュールで宣言できます。変数を宣言するには、「Const」という単語を使用して定数値を宣言する必要があります。変数が宣言されて値が割り当てられると、スクリプト全体で値を変更することはできません。VBAのConstステートメントの構文Constステートメントは、「Dim」ステートメントとは少し異なります。それをよりよく理解するために、VBAConstステートメントの適切に記述された構文を

VBAバリアント

ExcelVBAバリアントデータ型VBAのVariantData Typeは、あらゆる種類のデータ型を保持できるユニバーサルデータ型ですが、データ型を割り当てる際には、「Variant」という単語を使用する必要があります。私たちは皆、VBAプロジェクトで変数がどれほど重要であるかを知っています。変数が宣言されたら、宣言された変数にデータ型を割り当てる必要があります。VBAでのデータ型の割り当ては、宣言された変数に割り当てる必要のあるデータの種類によって異なります。例については、以下のコードを見てください。上記のコードでは、変数を「IntegerNumber」として宣言し、データ型を「Integer」として割り当てました。データ型を変数に割り当てる前に、変数の制限に注意する必要があります。データ型を整数として割り当てたので、変数は-32768から32767までの数値を保持できます。データ型の制限の制限を超えると、エラーが発生します。したがって、32767を超える値を格納する場合は、32767を超える値を保持できる別のデータ型を割り当てる必要があります。この制限を克服するために、ユニバーサルデータ型「Variant」があります。この記事では、Variantデータ型の完全なガイドを紹介します。バリアントデータ型を宣言する方法は?バリアントデータ型は通常のデータ型として宣言できますが、データ型

VBAVal関数

Excel VBAVal関数vbaのVal関数は文字列関数の下にあります。これはVBAの組み込み関数でもあり、データ変数から数値を取得するために使用されます。変数の値がA10の場合、val関数は出力として10を返します。文字列を引数として取り、文字列に存在する数値を返します。VALは、VBA用語でVALUEの略です。この関数は、数値を含む文字列を実際の数値に変換します。たとえば、テキスト文字列「1234 Global」を指定すると、数値部分、つまり1234のみが返されます。多くの場合、Web番号からデータをダウンロードまたは取得すると、通常、スプレッドシートにテキスト値として保存されます。Excelの正しい機能を知らない場合、テキストから数値への変換は最も難しい作業です。通常のワークシート関数として、ワークシート内の単純な関数を使用して、数値を表すすべての文字列を正確な数値に変換するVALUEという関数があります。この記事では、VAL関数を使用してVBAでこれを実現する方法を示します。構文引数は1つだけ、つまり文字列です。文字列:これは、数値部分を取得しようとしている単なる文字列値です。したがって、VAL関数は、指定された文字列を数値に変換します。注: VAL関数は常にスペース文字を無視し、スペース文字の後の数字を読み取り続けます。たとえば、指定された文字列が「145 45 666 3

Power BI vs SSRS

PowerBIとSSRSの違いSSRSとpowerbiはどちらもレポート生成ソフトウェアですが、これら2つの間にいくつかの大きな違いがあります。SSRSでは、レポートには多くの手動介入と多くの手動手順があり、時間がかかり、ユーザーにとっては忙しくなりますが、powerbiでは同じ機能です。ボタンをクリックするだけで利用できます。Power BIは、データを分析してデータを洞察するためのSaaSデータ視覚化および分析ツールであり、非常にユーザーフレンドリーな機能とツールを備えています。一方、「SQL Server ReportingServices」の略であるSSRSは、完全にサーバーベースのレポートです。データを提供し、データから詳細なレポートを作成するのに役立つツール。この記事では、PowerBIとSSRSの主な違いについて詳しく説明します。PowerBIとSSRSのインフォグラフィック主な違いPowerBIとSQLServerのレポートサービスの主な違いは次のとおりです–#1-ユーザーフレンドリーこれは、調査すべき重要な領域の1つです。Power BIは、フィールドをドラッグアンドドロップするだけでレポートやインサイトを作成できる、ユーザーフレンドリーなツールです。SSRSのレポートを実際に操作するには、コーディングスキルが必要なため、SSRSの使用はそれほど簡単ではありません。#

VBAWebスクレイピング

Excel VBAWebスクレイピングVBA Webスクレイピングは、Webページにアクセスし、そのWebサイトからコンピューターファイルにデータをダウンロードする手法です。Internet Explorerなどの外部アプリケーションにアクセスすることで、Webスクレイピングが可能です。これは、アーリーバインディングとレイトバインディングの2つの方法で実行できます。VBAを使用したWebスクレイピングとは、VBAを使用してWeb上の他のソースからデータをフェッチする場合、データソースへのログインが必要になる場合がありますが、そのためには、のツールセクションからの参照を有効にする必要があります。 VBAからWebにアクセスするためのMicrosoftHTMLライブラリのVBAエディタ。私たちの多くは、ExcelからWebページにアクセスし、それらのWebページからデータを取得できることを知っています。はい、あなたはそれを正しく聞いた。Webページをスクレイプしたり、ブラウジングアプリケーションにアクセスしたりすることができます。この記事では、Webスクレイピング用のExcelVBAコードを作成する方法について詳しく説明します。通常、Webページを開き、データをコピーして、Excel、Word、その他のファイルなどのファイルに貼り付けます。しかし、この記事では、ExcelからWebサイトに

VBAセレクトケース

Excel VBA SelectCaseステートメントSelect Caseは、VBAで複数のifステートメントを書き留める代わりになります。コードに多くの条件がある場合、複数のIfステートメントを使用する必要があり、Ifステートメントが多く提供されると複雑になるため、面倒になる可能性があります。 select caseステートメントでは、基準をさまざまなケースとして定義し、それらに従って結果を示します。SELECT CASEは、意思決定プロセスに役立ちます。この場合、考えられるさまざまなケースを評価するために1つの式のみが使用されます。開発したコードを実行するために、複数の条件を簡単に分析できます。このcaseステートメントは、式を評価するためのELSEIFの代替ステートメントとして使用されます。これは、Excelに組み込まれている論理関数として分類されます。この機能を使用するには、[開発者]タブに表示されるVisualBasicエディターからコードを入力します。説明Select Caseでは、さまざまなステートメントのグループが使用されます。これを効果的に使用するには、次の構文に従う必要があります。これは、Java、C#、PHPなどの他のプログラミング言語で提示されるswitchステートメントに似ています。 [ケース]テストする式を選択します[ケース]式ステートメントのリスト(ケー

VBAユーザーフォーム

ExcelVBAユーザーフォームVBAのユーザーフォームは、フォームの形式でユーザーからの入力を受け取るように作成されたカスタマイズされたユーザー定義フォームであり、テキストボックス、チェックボックスラベルなど、ユーザーが値を入力するようにガイドするさまざまなコントロールのセットがあります。ワークシートに値を格納し、ユーザーフォームのすべての部分に一意のコードがあります。ユーザーフォームはExcelインターフェイス内のオブジェクトであり、このユーザーフォーム内で、ユーザーからデータを取得するための他の便利なカスタムダイアログボックスを作成できます。先輩が作成したマクロファイルやインターネットからダウンロードしたマクロファイルを操作しているときは、このようなユーザーフォームを見たことがあるはずです。この記事では、ユーザーからのデータを保存するための同様のユーザーフォームを作成する方法を示します。ユーザーフォームを作成する方法は?同様に新しいモジュールを挿入する方法と同様に、ユーザーフォームを挿入するには、Visual BasicEditorの[挿入]ボタンをクリックする必要があります。 このVBAユーザーフォームExcelテンプレートはここからダウンロードできます–VBAユーザーフォームExcelテンプレートこれをクリックするとすぐに、ユーザーフォームも挿入されます。これをプログラムする

VBA転置

データテーブルをワークシートに貼り付けると、Excelワークシートで転置機能が表示されます。転置は、データテーブルであるため、行と列の位置を変更します。つまり、行は列になり、列は行になります。 VBAの関数は、VBAのApplication.worksheetメソッドで使用します。VBAで転置する方法は?行と列の切り替えは、ほとんどすべてのユーザーがExcelで行うデータ操作手法の1つです。水平方向のデータを垂直方向に変換し、垂直方向のデータを水平方向に変換するプロセスは、Excelでは「転置」と呼ばれます。通常のワークシートでの転置に精通している必要があると確信しています。この記事では、VBAコーディングで転置メソッドを

VBA RGB

Excel VBARGBカラーRGBは、赤、緑、青とも呼ばれます。この関数は、色の値の数値を取得するために使用されます。この関数には、名前付き範囲として3つのコンポーネントがあり、他の色はコンポーネントと見なされます。 VBAのこれらの3つの異なる色の。VBAでは、すべてがすべてのピースのコーディングに要約されます。たとえば、ワークシートの一部を参照する場合はRANGEオブジェクトを使用でき、フォントの色を変更する場合はNAMEプロパティを使用できます。範囲内で必要なフォント名を入力しますが、フォントの色やセルの背景色を変更する状況を想像してください。vbGreen、vbBlue、vbRedなどの組み込みのVB色を利用できます。さまざまな色で遊ぶための専用機能、つまりRGB機能があります。以下は、RGBカラー関数の構文です。上記のように、赤、緑、青の3つの引数を指定できます。これらの3つのパラメーターはすべて、0から255の範囲の整数のみを受け入れることができ、この関数の結果は「Long」データ型になります。VBARGB関数を使用してセルの色を変更する このVBARGB Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA RGBExcelテンプレート 例1たとえば、次の画像に示すように、セルA1からA8までの番号があります。この範囲のセルでは、RGB関数を使用してフォントの

VBA TextBox

Excel VBA TextBoxテキストボックスには、単にユーザからの入力を取得するために使用された箱のようなものです、テキストボックスはユーザーフォームの一部であり、任意のExcelワークシートで[開発]タブでは、我々はユーザーフォームにテキストボックスを作成したい場合は、我々は、テキストボックスのオプションを選択することができますVBAまたはワークシートのユーザーフォームコントロールから、[デザイン]タブから選択できます。VBA TextBoxは、ユーザーフォームの多くのコントロールのコントロールの1つです。ユーザーフォームにテキストボックスを表示することで、テキストボックスにデータを入力するように依頼でき、ユーザーが入力したデータを簡単なコードでワークシートに保存できます。ユーザーフォームは、VBAコーディングで非常に魅力的です。これは、特にユーザーからの入力を取得する必要がある場合に非常に役立ちます。ユーザーフォームには多くのコントロールがあり、ユーザーから入力値を取得するには、「テキストボックス」がユーザーフォームの理想的なオプションです。ユーザーフォームにテキストボックスを配置することで、表示しているテキストボックスに必要な値を入力するようにユーザーに実際に指示できます。VBAテキストボックスについてわからない場合は、この記事でVBAテキストボックスのツアーを行います。V

VBAオプション明示

ExcelVBAオプション明示変数の宣言はVBAで非常に重要です、Option Explicitはユーザーにそれらを使用する前にすべての変数を宣言することを必須にします、未定義の変数はコードの実行中にエラーをスローします、キーワードオプションを明示的に書くか、それを有効にすることができます変数宣言を要求できるようにすることで、オプションからのすべてのコード。VBAでは、変数がすべてです。データを格納するには、適切なデータ型の変数が必要です。スプレッドシート自体に値を直接追加できるのに、なぜ変数が必要なのか疑問に思うかもしれません。これは主に、ワークブックの複数のユーザーが原因です。1人で処理する場合は、シート自体に値を直接参照できます。変数を宣言することで、データを格納するための柔軟なコードを作成できます。VBA Option Explicitとは何ですか?モジュールでマクロが開始される前に、モジュールの上部にある青い線の単語「OptionExplicit」に出くわしたことを願っています。VBAを学び始めたとき、私もそれが何であるかを理解していませんでした。率直に言って、私もこれについてまったく考えていませんでした。私やあなただけでなく、最初は誰にとっても同じです。しかし、私たちは今、この言葉の重要性を理解するでしょう。「OptionExplicit」は、変数を宣言する際のメンターです

VBAアクティベートシート

ExcelVBAアクティベートシートVBAで作業しているときに、別のシートを参照したり、別のシートのプロパティを使用したりすることがあります。シート1で作業しているが、シート2のセルA2の値が必要な場合、最初にシートをアクティブ化せずにシート2の値を参照すると、値にアクセスできないため、VBAでシートをアクティブ化するには、ワークシートプロパティをWorksheets( "Sheet2")。Activateとして使用します。Excelでは、常にワークシートを使用します。ワークシートには、識別しやすいように独自の名前が付いています。通常のスプレッドシートの作業では、ショートカットキーを直接ナビゲートするか、ショートカットキーをクリックしてシートを直接選択します。ただし、VBAでは、参照しているシート名を指定する必要があるのはそれほど簡単ではありません。その後、「選択」メソッドを使用してシートを選択できます。VBAアクティベートメソッドとは何ですか?名前が示すように、指定されたワークシートをアクティブにします。シートをアクティブ化するには、worksheetsオブジェクトを使用して正確なワークシート名を指定する必要があります。たとえば、「Sales」というシートをアクティブ化する場合は、次のコードを使用できます。ワークシート(「販売」)。アクティブ化構文したがって、Activateメソッド

VBAAND関数

Excel VBAAND関数ANDは論理関数であり、論理演算子でもあります。つまり、この関数で提供されるすべての条件が満たされると、真の結果が得られますが、条件のいずれかが失敗すると、出力はfalseに返されます。使用するVBAの組み込みANDコマンド。「VBAOR」と「VBAIFOR」に関する記事をご覧いただければ幸いです。この関数は、OR関数の正反対です。OR関数では、結果をTRUEとして取得するために、指定された論理条件のいずれかが満たされる必要がありました。しかし、AND関数では、その逆です。TRUEの結果を得るには、Excelで提供されているすべての論理テストが満たされている必要があります。OK、ExcelのAND関数の構文を見てください。[論理テスト] AND [論理テスト] AND [論理テスト]上記では、600点満点中2点のテストスコアがあります。結果の列で、両方のテストのスコアが250以上の場合、結果をTRUEとして取得する必要があります。下の画像を見てください。論理関数を適用すると、結果が得られます。セルC4とC5では、テスト1とテスト2のスコアが250以上であるため、結果はTRUEになりました。ここでC6セルを見ると、テスト2のスコアが250に等しいにもかかわらず、FALSEが返されています。これは、テスト1ではスコアが179しかないためです。VBAと関数の使用例

VBA値プロパティ

ExcelVBA値プロパティValueはVBAのプロパティであり、特定の範囲に値を割り当てるためにrangeメソッドで主に使用されます。たとえば、range( "B3")。value = 3を使用すると、VBAに組み込まれている式になります。セルB3の値は3です。必ずしも、valueプロパティがrangeメソッドでのみ使用されるとは限りません。他の関数でも使用できます。VBAを使用した学習の早い段階で、データをセルに保存する方法について知りたいと思っています。興味があれば、「Value」プロパティを理解する必要があります。この記事では、「Value」プロパティ、値を挿入または設定する方法、セルから値を取得する方法、およびその他の多くのことについて説明します。以前の記事の1つで、「VBA範囲セル」について説明しました。Rangeオブジェクトは、単一のセルと複数のセルを参照するのに役立ちます。最初にRANGEオブジェクトを使用するには、値を挿入する必要のあるセルと、挿入する値を決定する必要があります。VBAでValueプロパティを使用するにはどうすればよいですか? このVBA値関数Excelテンプレートはここからダウンロードできます–VBA値関数Excelテンプレート 例1-セルに値を割り当てる範囲オブジェクトたとえば、セルA1に値を挿入する場合は、次のようにセルA1を参照する必要がありま

VBA FileSystemObject(FSO)

Excel VBA FileSystemObject(FSO)VBA FileSystemObject (FSO)はFileDialogと同様に機能し、作業中のコンピューターの他のファイルにアクセスするために使用されます。これらのファイルを編集することもできます。つまり、ファイルの読み取りまたは書き込みを行います。FSOを使用すると、ファイルにアクセスしたり、ファイルを操作したり、ファイルやフォルダーを変更したりできます。FSOは、VBAでアクセスできる重要なAPIツールです。VBAプロジェクトの一環として、作業を完了するために、コンピューター内のいくつかのフォルダーとファイルにアクセスする必要がある場合があります。FSOを使用すると、「フォルダーが使用可能かどうかを確認する」、新しいフォルダーを作成する、既存のフォルダーの名前を変更する、フォルダー内のすべてのファイルのリストとサブフォルダー名を取得する、などの多くのタスクを実行できます。最後に、ある場所から別の場所にファイルをコピーできます。フォルダやファイルを操作するために利用できる他の関数がありますが、FSOは、VBAコードをきちんとまっすぐに保つことにより、フォルダやファイルを操作する最も簡単な方法です。FileSystemObjectを使用して4種類のオブジェクトにアクセスできます。以下はそれらです。ドライブ:このオブジェク

VBA時間関数

ExcelVBA時間関数VBA Time関数は現在の時刻を返します。また、この関数には引数がまったくないことにも注意してください。覚えておくべきもう1つの重要な要素は、この関数が現在のシステム時刻を返すことです。この関数を使用すると、コード行がプロセスを完了するのにかかる実際の時間を実際に見つけることができます。TIMEは一種の揮発性関数であり、構文はありません。Excelにも同様の関数があります–スプレッドシートに現在の時刻と現在の日付の両方を挿入するNOW()関数時間()関数を入力するだけです。実際、現在の時刻を挿入するには、TIMEだけを囲むために括弧を付ける必要はありません。TIME関数によって与えられた結果は文字列にあります。VBAでTIME関数を使用する方法は?Excel関数の単純なTIMEの例を示します。以下の手順に従って、TIME関数を使用するコードを作成します。 このVBA時間関数テンプレートはここからダウンロードできます–VBA時間関数テンプレート ステップ1:マクロを作成します。コード: Sub Time_Example1()End Sub ステップ2:変数を文字列として宣言します。コード: Sub Time_Example1()Dim CurrentTime As String End Sub ステップ3: TIME関数を使用してこの変数に値を割り当てます。コー

VBA置換文字列

ExcelVBA置換文字列置換は、ワークシート機能とVBA機能の両方です。この関数は、文字列の特定の単語を別の文字列に置き換えるのに役立ちます。これは、VBAの置換機能と同様に機能します。テスト文字列またはテキストデータ値を処理するとき、何かを別のものに置き換えたり、置き換えたり、2つのセルデータを1つに結合したり、1つのセルデータを複数のものに分割したりすることは明らかです。これらはすべて、職場で日常的に行う一般的なタスクです。では、文字列内の1つの単語を別の単語に置き換えるにはどうすればよいでしょうか。たとえば、文字列が「インドは発展途上国であり、アジアの国のインド」である場合、この文字列から「インド」という単語を置き換えて「バーラト」に変更する必要があります。これは、置換機能を使用することで可能になります。この記事では、VBAコーディングで文字列を置き換える方法を紹介します。置換機能式:これは、何かを何かに置き換えようとしている元の文字列値に他なりません。以下の例は、「インドは発展途上国であり、インドはアジアの国にある」という表現文字列です。文字列の検索:置き換えようとしている文字列は何ですか。たとえば、Expression文字列で、「India」という単語を置き換えようとしています。文字列の置換:検索文字列を置き換える代替文字列は何ですか?したがって、この場合、「インド」という

VBA On Error Goto 0

エラー時のExcelVBA Goto 0VBA On Error GoTo 0は、プロシージャで有効なエラーハンドラを無効にするために使用されるエラーハンドラステートメントです。これは「エラーハンドラー無効化」と呼ばれます。プログラミング言語でのエラー処理は、すべてのコーダーが理解する必要のあるマスタークラスです。VBAプログラミング言語もあり、このプログラミング言語でもエラー処理技術があります。「On Error Resume Next」はエラーハンドラーを有効にし、「On ErrorGoTo0」は有効なエラーハンドラーを無効にします。「OnErrorResumeNext」と「OnErrorGoTo 0」はどちらも、コードの効率を上げるためにタンデムで使用する必要があるペアです。エラーを処理するには、「On Error Resume Next」ステートメントで開始する必要があり、このエラーハンドラーを終了するには、「On ErrorGoTo0」ステートメントを使用する必要があります。これらのステートメントの間に記述されたラインコードは、手続きで発生したあらゆる種類のエラーを無視します。On Error GoTo 0ステートメントの使用方法は? このVBAOn Error Goto 0 Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA On Error Goto 0Exc

VBAランダム化

VBAでステートメントをランダム化するVBA Randomizeステートメントは、RND関数を適用する前に追加する単純なワンライナーステートメントです。ブックが再度開かれるたびに、Randomizeステートメントは、コンピューターのシステム時間に応じて、RND関数に新しいシード番号を提供します。Randomizeステートメントについて説明する前に、VBAを使用した簡単なRND関数を紹介します。ワークシート関数「RAND」として、VBAでも「RND」は0より大きく1より小さい乱数を生成します。次に、「RND」関数の構文を見てみましょう。[数]: 3つの方法で引数を渡すことができます。数値を<0として渡すと、毎回同じ乱数が生成され続けます。番号を0として渡すと、指定した最新の番号が繰り返されます。> 0の数を渡すと、異なる乱数、つまりシーケンス内の次の乱数が与えられ続けます。例例については、以下のコードを見てください。コード: Sub RND_Example()Debug.Print Rnd End Sub 即時ウィンドウでコードを実行すると、以下の番号が表示されます。同様に、このコードをさらに3回実行すると、以下の数値が表示されます。次に、ブックを閉じて再度開きます。次に、Visual BasicEditorウィンドウに戻ります。これで、直接のウィンドウは空できれいになりまし

VBA DatePart

Excel VBADatePart関数VBAのDatePartは、引数として指定された特定の日付の日付の部分を識別するために使用されます。日付の部分は、日、月、年、または時分と秒のいずれかです。この関数の構文は、それは次のとおりです、Datepart(間隔、引数としての日付)。構文DatePart関数の構文を以下に示します。間隔:間隔引数で渡されるデータは文字列型です。つまり、この引数には任意の有効な値を含めることができます。間隔は、年、月、四半期、日、週、時、分、秒の場合があります。日付:評価する必要のある日付値。firstdayofweek:これはオプションのパラメーターです。これは週の最初の日を表しますが、これは無視することもできます。このパラメーターを無視すると、自動的に日曜日が週の最初の曜日になります。これを変更したい場合は、このパラメーターを使用できます。この引数は、vbUseSystem0で構成されている場合があります。NLSAPI設定を使用するvbSunday(デフォルト)、vbMonday、vbTuesday、vbWednesday、vbThursday vbFriday、vbSaturday。firstweekofyear:最上位パラメーターと同様に、これもオプションのパラメーターです。これは、その年の最初の週を表します。このパラメーターは無視することもできます。こ

VBAチュートリアル

初心者のためのExcelVBAチュートリアルVBAを初めて使用し、それについて何も知らない場合、これは初心者がExcelVBAマクロで旅を始めるのに最適なチュートリアルです。では、今日からVBAチュートリアルの旅を始めましょう。VBAはVisualBasic for Applicationsであり、Excel、Word、PowerPointなどのMicrosoft製品用のMicrosoftプログラミング言語です。私たちがやりたいプログラミングはすべて、VBE(Visual Basic Editor)で行われます。VBEは、Excelで実行するタスクのコードを作成するためのプラットフォームです。Excelのマクロとは何ですか?マクロは、特定のタスクを実行するようにExcelに指示するコード行にすぎません。コードがVBEで記述されると、ワークブックでいつでも同じタスクを実行できます。マクロコードは、繰り返しの退屈なタスクを排除し、プロセスを自動化できます。VBAマクロコーディング手法から始めるには、マクロを記録します。VBAコーディングは、Excelの[開発者]タブで利用できます。この開発者タブがExcelに表示されない場合は、以下の手順に従って、Excelで開発者タブを有効にしてください。ステップ1:[ファイル]-> [ファイル]の下の[オプション]に移動します。手順2:[リボンの

VBAコード

ExcelVBAコードVBAまたはVisualBasic Applicationsとも呼ばれるプログラミング言語は、Excelだけでなく、ほとんどのMicrosoftOfficeプログラム用のプログラミング言語です。VBAのコードと呼ばれる特定のタスクを実行するビジュアルベーシックエディタで一連の命令を記述できます。Excelでは、VBAは開発者向けの開発者タブの下にあります。開発者のタブにアクセスするには、最初に有効にする必要があります。次に、タブまたはキーボードショートカットのALT + F11からアクセスできます。コードの組み合わせにより、VBAではマクロとも呼ばれるプロシージャが作成されます。つまり、マクロは、一緒に記述されたプログラミング言語であるコードのセットです。あなたがVBAに不慣れで、それについて知らないなら、この記事はあなたのためです。[開発者]タブを有効にする最初に行う必要があるのは、Excelの開発者タブがリボンに表示されていることを確認することです。Excelに[開発者]タブが表示されていない場合は、以下の手順に従って、Excelで[開発者]タブを有効にします。ステップ1:ファイルに移動します。ステップ2: [オプション]をクリックします。ステップ3: Excelでリボンをカスタマイズするに移動します。ステップ4:右側の[開発者]タブを確認します。オプションを

VBA INSTRREV

Excel VBA INSTRREVVBA INSTRREV関数は、「In String Reverse」の略で、検索対象の文字列の末尾(右から左)から開始して、別の文字列で最初に出現する検索文字列(部分文字列)の位置を返します。検索可能な文字列。INSTRREV関数は、検索する必要のある文字列の末尾から検索可能な文字列の検索を開始しますが、最初から位置をカウントします。そこ1つの以上であるINSTR VBA機能(の略「は、文字列」も別の文字列内の文字列を検索し、リターン位置という)が、この機能は、我々は、検索文字列を探し、そこから文字列の先頭から検索を開始します。INSTRREVとINSTRは、どちらもMSExcelの組み込みの文字列/テキストVBA関数です。Microsoft Visual BasicEditorで任意のマクロを記述しながらそれらを使用できます。構文上の画像でわかるように、2つの必須引数と2つのオプション引数があります。StringCheck As String:これは必須の引数です。検索対象の文字列式を指定する必要があります。StringMatch As String:この引数も必須です。検索する文字列式を指定する必要があります。Start As Long = -1:これはオプションの引数です。数式を指定します。デフォルトでは-1を取ります。これは、検索が最後の文

PowerBIスイッチ

PowerBIのスイッチ機能私たちは皆、データ分析と解釈の分野で論理機能がいかに重要であるかを知っています。論理関数について話すとき、「IF」は使用するすべての論理関数の父ですが、PowerBIにIF条件の代替があることを認識している人は多くありません。はい、IF条件の代替手段、つまりPowerBIの「SWITCH」DAX機能があります。この記事では、DAX関数「SWITCH」について詳しく説明します。SWITCH機能はPowerBIで何をしますか?SWITCHは、複数の条件に基づいて結果を取得するための一種の論理関数です。したがって、スイッチ機能のPower BIはすべての論理条件を調べて、TRUEである論理条件の結果に到達します。ただし、IF条件とは異なり、SWITCHで複雑な計算を使用することはできませんが、ExcelでネストされたIF条件を十分に置き換えることができます。以下は、PowerBIのSWITCH関数の構文です。構文はIFとは異なりますが、以下で説明します。式:これは、評価する必要のある列に他なりません。値1:したがって、このために、[式]列に対して実行する必要のある論理テストを適用できます。結果1:場合は、「値1」論理テストがTRUEで、結果がどうあるべきか。[Value2]:これは、Value1論理テストがFALSEの場合のオプションのパラメーターであり、式を評価

PowerBIテーマ

Power Biは非常に優れた視覚化ツールであり、さまざまな種類のツールと多くのカスタムメイドのツールがあり、視覚化を改善するために、Power Biにいくつかの組み込みのテーマがあり、光がデフォルトのテーマですが、作成することもできます。私たち自身のカスタムメイドのテーマはpowerbiです。PowerBIのテーマデフォルトのテーマを使用してもレポートツールは美しくなりませんが、テーマを変更することで、PowerBIのレポートダッシュボードに価値と目を引く色を追加できます。店から新品の携帯電話を購入したばかりで、開いたときにすべての基本機能が備わっていると仮定します。日が経つにつれて、各機能のデフォルトのものを好みに応じて独自のものに変更します。PowerBIのデフォルトテーマを変更するデフォルトのテーマを変更することは、Power BIウィンドウに関する単純な知識が必要なため、世界で最も難しい作業ではありません。デフォルトのテーマを変更するには、以下の手順に従ってください。手順1: PowerBI視覚化ソフトウェアを開きます。そして、[ホーム]タブに移動し、[テーマの切り替え]オプションを見つけます。ステップ2:このドロップダウンリストから、ご使用のバージョンのPowerBIで使用できる多くの組み込みテーマを確認できます。例については、ダッシュボードの以下のテーマをご覧ください。こ

VBA FileDialog

Excel VBA FileDialogVBAではfieldialogはさまざまなインスタンスを表すために使用されるプロパティであり、filedialogには、指定されたパスからファイルを選択するために使用されるmsofiledialogfilepickerとして知られる4つの異なるタイプの定数があります。フォルダと3番目はファイルを開くために開くmsofiledialogで、最後はファイルを新しいファイルとして保存するために使用されるmsofiledialogsaveasです。他のファイルや他のワークシートのデータが必要な特定の状況があり、VBAを使用して作業を自動化するため、VBAを使用して他のさまざまなファイルを開くことができます。これは、Filedialogを使用して実行されます。方法は、コードへのパスを提供する必要はなく、代わりにユーザーにファイルを参照するように依頼することです。VBAプロジェクトの一環として、他のワークブックを開いて、それらを使用して何らかのタスクを実行する必要がある場合があります。以前の記事「VBAWorkbook.Open」の1つで、指定されたパスと特定のファイルでファイルを開く方法を示しました。そこで、フォルダパスとファイル名に拡張子を付ける必要がありました。しかし、ユーザーがさまざまなフォルダーからさまざまなファイルを選択する必要がある場合はどうで

VBA LBound

Excel VBALBound関数VBAのLBoundは「LowerBound」の略で、配列の最小数を抽出します。たとえば、配列に「Dim ArrayCount(2 to 10)as String」と表示されている場合、LBound関数を使用すると、配列の長さの最小数、つまり2を見つけることができます。以下は、LBound関数の構文です。それは非常にシンプルで簡単で、2つのパラメーターしかありません。Lbound(配列名[、次元])配列名:これは最初の引数です。このパラメーターには、配列の定義に使用される配列の名前を指定する必要があります。[次元]:配列が単一次元の場合、これは必須ではありません。デフォルトでは1次元であるか、次元番号を指定する必要があります。したがって、これらの関数を使用して、配列の最小の長さを見つけることができます。VBA LBound関数の使用方法は?(例) このVBALBound Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA LBoundExcelテンプレート 例1例については、以下のコードを見てください。コード: Sub LBound_Example1()Dim Count(2 To 5)As Integer MsgBox LBound(Count)End Sub 上記のコードでは、配列を整数として定義し、配列のサイズを2〜5として定義しまし

ExcelのネストされたIf関数

ExcelのネストされたIF関数excelネストされたif関数では、if関数とともに別の論理関数または条件関数を使用して複数の条件をテストします。たとえば、テストする条件が2つある場合は、状況に応じて論理関数ANDまたはOR関数を使用できます。または、他の条件関数を1つのif内でさらに多くのifを使用できます。例 次の例は、ExcelでネストされたIF関数を計算するために使用されます。 このネストされたIF関数Excelテンプレートはここからダウンロードできます–ネストされたIF関数Excelテンプレート 例1次に、人気のあるネストされたIFの例を見てみましょう。学生のスコアに基づいて、私たちは彼らの基準に到達する必要があります。例として、以下のデータを検討してください。結果に到達するには、以下の条件をテストする必要があります。これらの条件は、論理的なテストに他なりません。スコアが> = 585の場合、結果は「Dist」になります。スコアが500以上の場合、結果は「最初」になります。スコアが400以上の場合、結果は「2番目」になります。スコアが350以上の場合、結果は「合格」になります。上記のすべての条件がFALSEの場合、結果はFAILになります。さて、テストする条件は全部で5つあります。論理テストが終わった瞬間、ネストされたIFを使用して複数の基準をテストする必要があります。

VBAチャート

ExcelVBAチャートチャートはVBAのオブジェクトと呼ぶことができます。ワークシートと同様に、同じ方法でVBAにチャートを挿入することもできます。最初に、出力データに必要なデータとチャートタイプを選択します。次に、2つの異なるタイプのチャートを提供します。は、グラフが同じデータシートにある埋め込みグラフであり、別のグラフは、グラフがデータの別のシートにあるグラフシートと呼ばれます。データ分析では、視覚効果は分析を行った人の主要業績評価指標です。ビジュアルは、アナリストがメッセージを伝えるための最善の方法です。私たちは皆Excelユーザーであるため、通常、データの分析にかなりの時間を費やし、数値とグラフで結論を導き出します。チャートの作成は習得するための芸術であり、Excelを使用してチャートを作成するための十分な知識があることを願っています。この記事では、VBAコーディングを使用してグラフを作成する方法を紹介します。ExcelでVBAコードを使用してグラフを追加する方法は? このVBAチャートExcelテンプレートはここからダウンロードできます–VBAチャートExcelテンプレート #1-VBAコーディングを使用してグラフを作成するグラフを作成するには、ある種の数値データが必要です。この例では、以下のサンプルデータを使用します。では、VBAエディターにジャンプしましょう。ステップ1

PowerBI平均

PowerBIの平均機能MSExcelの一部の数式はPowerBIにも直接組み込まれています。実際、MSExcelとPowerBIの両方でまったく同じ数式のグループがあります。この記事では、PowerBIの集計関数の1つであるAVERAGEDAX関数について詳しく説明します。Power BIでAVERAGE関数は何をしますか?これは非常に単純です。これにより、前述の列が集計され、数値の平均値が取得されます。たとえば、従業員が12か月で10万米ドルの売上高を達成した場合、ExcelでAVERAGEを使用すると、その特定の従業員の平均売上高を取得できます。以下は、Power BIDAXのAVERAGE関数の構文です。列は、平均を取る必要がある単純な数値列です。AVERAGE関数は評価に数値のみを使用するため、非数値とその動作に注意する必要があります。以下は、非数値の列で留意すべき点です。数値以外の値を含む列は集計で無視され、DAX関数は空白の結果を返します。TRUEやFALSEなどの論理結果は、PowerBIの計算から無視されます。空のセルは計算から無視され、0のセルは計算の目的で考慮されます。PowerBIのAVERAGE関数の例以下は、PowerBIの平均的な機能の例です。ワークブックをダウンロードして、この例で使用したのと同じファイルを使用できます。 このPowerBI平均Excel

Power BI Free vs Pro

Power BIFreeとProの違いでは、電源バイ無料版購入することによって克服することができ、いくつかの制限があるプロバージョンプロバージョンではしかし、そのようなデータは、複数のユーザと共有することはできません、それは同じログインして見ることができる無料のバージョンと同様に、電力のBIソフトウェア、のをデータはプロバージョンも持っているユーザーと共有でき、さらに10GBのスペースを提供します。Power BIDesktopはPowerBIの基本バージョンであり、他のソフトウェアと同じようにソフトウェアをダウンロードしてコンピューターにインストールできます。モバイルアプリ、組み込みAPIはサポートされておらず、1時間あたり10,000データ行の分析に制限されています。 BIProはPowerBIのフルバージョンで、月額9.99ドルで、モバイルアプリ、メールサブスクリプション、共有機能などのより高度な機能が多数搭載されており、1時間あたり100万行のデータを分析します。Power BI Free vsProバージョンのインフォグラフィックPower BIFreeバージョンとProバージョンの違いをインフォグラフィックとともに見てみましょう。主な違いコスト:これは、すべてのユーザーが認識したい主な違いです。Power BI Desktopは無料で提供され、チーム内のすべてのユーザーは何

Excelで円グラフを作成する

Excelで円グラフを作成するにはどうすればよいですか?要件に応じて使用できるExcelにはさまざまな種類の円グラフがあります。以下に、Excelの円グラフを作成する方法を学ぶための例を示します。2D円グラフ3D円グラフパイのパイパイのバードーナツパイ例1–2D円グラフを作成するこの例では、Excelで2D円グラフを作成する方法を学びましょう。 この円グラフの例のExcelテンプレートはここからダウンロードできます–円グラフの例のExcelテンプレート ここでは、食品業界のデータを使用して、どのフレーバー飲料がより売れ行きが良く、より需要があるかを確認しましょう。エクセルシートにデータを入力するデータの範囲(A1:B8)を選択し、リボンの[挿入]タブをクリックして、[グラフ]セクションの[円グラフ]アイコンをクリックし、[2-D円グラフオプション]の下の最初のグラフを選択します。円グラフは次のようになります。これは、2D円グラフがどのように見えるかです。このグラフでは、データを表す円の形をしたグラフを見ることができ、パイの各スライスはフレーバーを表しています。このグラフを見ると、データを簡単に比較できます。マンゴーフレーバーの売上が最も高く、需要が高く、次にストロベリーフレーバーが続きます。スライスにデータラベルを追加して、各スライスの値を取得できます。(図のように)グラフを右クリック

VBA LCase

Excel VBALCase関数LCaseは、vbaに組み込まれている関数であり、提供された入力文字列を小文字に変換するために使用されます。入力として文字列である単一の引数を取り、この関数によって生成される出力は文字列です。この関数は、単一の文字だけでなく、すべての関数を小文字に変換することに注意してください。VBAでExcelと同じ式(LOWER)を試したに違いありませんが、見つかりませんでした。VBAでは小文字の名前が少し異なるためです。VBAでは、ショートカット名、つまり「LCASE」になります。ここで、「L」は「LOWER」を表すため、式は「LOWERCASE」になります。構文文字列:は、小文字に変換しようとしているテキスト値に他なりません。テキストを数式に直接指定することも、セル参照にすることも、変数を介して行うこともできます。VBAでテキストを小文字に変換する方法は? このVBALCase Excelテンプレートはここからダウンロードできます– VBA LCaseExcelテンプレート 例1LCASE関数を使用して、テキスト値「HelloGoodMorning」を小文字に変換してみましょう。ステップ1: Excelマクロに名前を付けてサブプロシージャを開始します。コード: Sub LCase_Example1()End Sub ステップ2:変数kを文字列として宣言します。コ

PowerBI共有レポート

PowerBIレポートの共有Power Biでレポートを共有するにはさまざまな方法があり、共有ボタンを使用してレポートを共有する基本的な方法がありますが、ワークスペースを使用したり、レポートをWebに公開したり、共有ポイントに埋め込んだりする方法もあります。安全な埋め込み。データの洞察、視覚化、および詳細な分析を作成する最終的な目的は、意思決定プロセスをはるかに簡単にすることです。ただし、データインサイトを作成するのは意思決定者ではなく、さまざまな人であるため、準備が整ったダッシュボードを共有するか、意思決定ユーザーにレポートする必要があります。Power BIレポートを公開する方法は?Power BIレポートをエンドユーザーと共有する前に、最初に行う必要があるのは、デスクトップバージョンレポートをPower BIServicesアカウントに「公開」することです。レポートを公開するには、以下の手順に従ってください。手順1: Power BIDesktopで作成されたレポートを開きます。ステップ2:ダッシュボードを開いた後、[ホーム]タブに移動し、[公開]オプションをクリックします。手順3: PowerBIサービスアカウントにログインする既にPowerBIアカウントにログインしている場合は、ログインを求められません。そうでない場合は、最初に、登録した電子メールIDを使用してPowerBI