カテゴリ «暗号通貨の基本»

リップルvsライトコイン

リップルとライトコインの違いリップルとライトコインはどちらも、金融機関や大企業での支払いを促進することを主な目的として、2012年に営利組織でリップルが設立された暗号通貨ですが、ライトコインは、促進することを主な目的として2011年に設立されました毎日のトランザクションと一緒にピアツーピア。ライトコインとリップルの両方が暗号通貨市場で大きな波を作っています。どちらもトランザクションをシンプル、安全、低コストにすることを目的としているため、両者には類似点があります。時々、新しい暗号通貨が出現し、それらの間のこの競争は、彼らがより速く成長し、新しい技術を実装するのに役立ちます。結果として、暗号通貨スペースはトランザクションを行うためのより安全な場所です。リップルは、国境を越えた取引を安全かつ安価にし、より速い速度で提供することを目的として作成されました。リップルが成長し始めた一方で、それは銀行のような多くの大企業や金融機関を引き付け始めました。一部の大規模な多国籍企業が、国境を越えた取引にリップルを使用することを真剣に検討していることが非常に人気になっています。その後、リップルは大規模な金融機関や大企業の取引を行う全体像にさらに集中し始めました。これにより、リップルは個々のトランザクションを残しました。Litecoinは、Scryptアルゴリズムで実行されるオープンソースシステムです。取引

ビットコインと暗号通貨

ビットコインは暗号通貨を利用するデジタル通貨であり、政府発行の通貨とは異なり、分散型当局によって管理されていますが、暗号通貨は安全でさまざまな金融取引の実施を促進するための媒体として機能する技術を指します安全です。ビットコインと暗号通貨の違い私たちは今、世界中の企業が少ない取引コストで非常に限られた時間で安全かつ確実な方法で取引を行うのを支援するグローバル通貨を手に入れている新しい時代の幕開けに達しました。確かに、この世界経済で上記のことを実現する伝統的な通貨を考え出すことを考えていれば、ビットコインと暗号通貨は夢のままでした。私たちがそのような可能性を考えることさえできるのは、これらのデジタル通貨/暗号通貨の導入です。厳格な政府規制の干渉なしに、そして莫大な取引料金で取引日を作る銀行仲介業者なしで取引を行うために使用できる共通のデジタル通貨の導入は、国際取引に依存する企業にとって大きな祝福です。ビットコインと暗号通貨のインフォグラフィックここでは、ビットコインと暗号通貨テクノロジーの上位5つの違いを紹介しますビットコインテクノロジーとはどういう意味ですか?ビットコインは、2008年に中本聡によって設立された初めての暗号通貨です。送金用のオープンソースソフトウェアとして開始されました。ビットコインは暗号通貨とも呼ばれるデジタル通貨であり、主に国境を越えた取引をスピードアップし、政府によ

ビットコインvsイーサリアム

ビットコインとイーサリアムの違いビットコインのプログラミング言語はスタックベースの言語であり、トランザクションが確認されるまでに数分かかりますが、イーサリアムの場合、チューリング完全が使用されるプログラミング言語であり、発生するトランザクションを確認するのに数秒かかります。分散型台帳と暗号化の原則により、ビットコインとイーサリアムの両方が決まりますが、技術的には2つが異なります。ビットコインとは何ですか?ビットコインは世界的なデジタル通貨です。それは人々がそれらを維持する銀行または他の機関に任せる代わりに彼ら自身のお金を所有することを可能にします。また、ブロックチェーンを使用します。ブロックチェーンは、ネットワーク上のすべてのトランザクションの改ざん防止記録として機能し、すべての参加者がアクセスできるため、ビットコインの信頼性が向上します。ブロックチェーンには多くの利点があります。それらは、効率の向上、リスクの最小化、および規制事項のコンプライアンスの向上です。それらは物理的に存在するのではなく、公開鍵と秘密鍵に関連付けられた天びんにすぎません。ビットコインはまだ正式な支払い手段として認識されていません。しかし、彼らは金融業界で強力な地位を築いてきました。だから人々は彼らについてたくさん話したり議論したりします。ビットコインの最良の部分は、他の従来の支払い手段と比較してわずかな料金を請