指値注文(定義、タイプ)| ステップバイステップの例

指値注文の定義

指値注文とは、記載された価格以上で証券を購入または売却する種類の注文を指します。たとえば、売り注文の場合は、指値以上の場合にのみトリガーされますが、買い注文の場合はトリガーされます。制限価格以下の場合にのみトリガーされます。

これは、トレーダーが売買する意思のある希望価格を設定できる、株式市場の注文タイプの1つです。これにより、トレーダーは、ボラティリティ中の成行注文を心配する場合よりも、証券の価格の実行をより細かく制御できます。トレーダーは指値注文を使用して価格を指定しますが、成行注文市場では価格を選択します。実行されるまで変更できます。

意図的に特定のより良い価格を取得するために使用され、 したがって、それは市場の正しい側に配置する必要があります。

  • 買い注文=現在の市場価格以下の価格。
  • 売り注文=現在の市場価格以上の価格。

たとえば、ビル氏がトロピカル社の100株を購入したいが、20ドル以下の制限があるトレーダーである場合。彼が同じ株を22ドルの価格で売りたい場合、彼は見ません。22ドルの価格に達するまで、または22ドルを超えるまで株式。

指値注文の種類

  • 買い注文–買い指値注文は、指定された指値以下で行われた注文です。
  • 売り注文–売り指値注文は、指定された指値以上で出された注文です。

簡単な例から高度な例をいくつか見てみましょう。

例1

ポートフォリオマネージャーがMRFLimitedの株式を購入したいが、現在の評価額が833ドルと高すぎると考えているとします。指定価格以下で購入したい。

彼はトレーダーに、価格が806ドルを下回ったときに1000株を購入するように指示します。

その後、トレーダーは、806ドルの制限で10,00株を購入するように注文します。806ドル以下に達すると、自動的に株の購入を開始できます。そうでない場合は、注文をキャンセルできます。

例2

ポートフォリオマネージャーがAmazonの株を売りたいと考えており、現在の27ドルの価格が低すぎて、高くなると予想されているとします。

彼は35ドル以上の価格で株式の50%を指示することができます。これは売り指値注文であり、株式は35ドル以上に達した場合にのみ売却され、それ以外の場合はキャンセルされます。

利点

  • 彼らはトレーダーに正確な価格で取引を出入りさせます。これにより、彼らは証券の取引において特定の事前定義された目標を達成することができます。
  • 不安定な市場シナリオでは有益な場合があります。株価が急上昇または下降し、トレーダーが成行注文から望ましくない価格を取得することを心配している場合。
  • トレーダーがポートフォリオを定期的に追跡できないが、特定の証券の売買を実行したい特定の価格を念頭に置いている場合に有利です。それらは有効期限付きで配置することができます。

短所

  • 設定された価格でセキュリティが利用できるかどうかによって異なります。ネガティブな取引の実行を防ぎますが、希望の価格が達成された場合にのみ実行されるため、常に売買アクションを保証するものではありません。このように、トレーダーは機会を逃す可能性があります。
  • トレーダーは、指定された価格を取得するという目標を確実に達成するために、制限価格を正しく入力する必要があります。市場価格よりも優位に立つことが不可欠です。それ以外の場合、取引は現在の市場価格で約定されます。
  • 成行注文と比較して、指値注文の仲介手数料は高くなります。投資家が指定したように市場価格が高値または安値に決して達しない場合、注文は実行されません。したがって、それは保証されません。それらはより技術的であり、それほど単純な取引でもありません。彼らはより高い料金につながるブローカーのためにより多くの仕事を作成します。

制限事項

  • そのような注文の実行は価格よりも不可欠であるため、積極的な取引手法には適していません。
  • それを使用している間、市場は価格に触れないかもしれません。これらのシナリオでお金を稼ぐのは難しいです。
  • 主要取引所に上場されていない少量株の場合、実際の価格を見つけて指値注文を適切なオプションにするのは難しいかもしれません。

注意すべき重要なポイント

  • 指値注文のリスクは、現在の価格が注文の基準内に決して収まらないことです。この場合、投資家の注文は実行に失敗する可能性があります。
  • 時々、目標価格に達するかもしれませんが、注文を満たすのに十分な流動性がありませんでした。
  • 価格制限付きで紹介されています。部分的に塗りつぶされたり、塗りつぶされなかったりする場合があります。
  • すべての株式市場取引は、株式の入手可能性、取引のタイミング、株式の流動性、注文のサイズなどの特定のポイントに影響を与えます。
  • そのような注文には常に優先ガイドラインがあります。

結論

指値注文は、トレーダーが売買したい価格を事前に決定することを提供します。取引が実行される前に価格の考慮事項が満たされていることを確認することに関係しています。それは主に証券の価格を扱います。したがって、証券の価格が現在、トレーダーによって指値注文で設定された基準の範囲外にある場合、取引は発生しません。これらは、株式やその他の資産が薄く取引されている、変動性が高い、またはビッドアスクスプレッドが買い手がセキュリティのために支払う意思のある最高価格との差である広いビッドアスクスプレッドを持っているシナリオで有益です。市場で、売り手が証券のために喜んで受け入れる最低価格。

指値注文を出すと、投資家が喜んで支払う金額がカバーされます。それは常に正確な注文入力を可能にし、市場価格で満たされるために取引の実行よりも特定の価格を取得することがより重要である場合にトレーダーに適しています。