RANDBETWEEN Excel Formulaの使用方法は?(例付き)

RANDBETWEENはExcelで何をしますか?

RANDBETWEENは、2つの数値の間で乱数を生成できるExcelの数式です。これは揮発性の関数であり、ワークシートに変更が発生すると変化し続けます。

  • 下:番号を生成するための一番下の番号は何ですか?
  • 上:数を生成するための一番上の数は何ですか?

一番下と上の数字が提供されると、これら2つの数字の間に数字が生成されます。たとえば、一番下の数値が10で、一番上の数値が20の場合、RANDBETWEEN数式は10から20までの数値を生成します。数値は正の整数です。

ExcelでRANDBETWEEN数式を使用する例

このRANDBETWEEN関数Excelテンプレートはここからダウンロードできます–RANDBETWEEN関数Excelテンプレート

例1

簡単な例から始めましょう。ワークシートのセルでRANDBETWEEN関数を開きます。

一番下の数字を10、一番上の数字を30と入力します。

角かっこを閉じてEnterキーを押すと、10〜30の乱数が得られます。

答えとして20を取得しました。他のアクティビティを実行すると、数値が別の数値に変更されます。

これは揮発性の関数であるため、ワークシートで何かが発生するたびに変化し続けます。

例2

1回のショットで複数のセルに乱数を生成することもできます。まず、Excelで乱数を生成するために必要なセルの範囲を選択します。

次に、RANDBETWEEN式を開きます。

一番下の番号と一番上の番号を入力します。

角かっこを閉じますが、Enterキーを押すだけでなく、CTRL + ENTERを押して選択したセルに乱数を挿入します。

例3–10進数を生成する

優れていることをお知らせするために、RANDBETWEEN数式は正と負の整数のみを挿入できます。小数部の下位および上位の数値のいずれかがあれば、Excelはその数値を最も近い整数値に自動的に変換します。

上の画像でわかるように、一番下の数字は5.5で、一番上の数字は15.5です。したがって、Excelは自動的に下の数値を5.5から6に、15.5を16に変換します。したがって、上の画像では6から16までの数値が得られました。

私が言ったように、RANDBETWEEN関数は整数のみを生成でき、分数は生成できません。分数を生成するには、RAND関数を使用して値を乗算する必要があります。

RAND関数は、0より大きく1より小さい数値を生成します。ExcelのRANDBETWEEN数式で指定された値に、RAND関数で指定された小数値が乗算されます。

例4–ランダムなアルファベットを生成する

RANDBETWEEN関数は、乱数を生成するためだけでなく、ランダムなアルファベットを生成するためにも使用されます。

CHAR関数をRANDBETWEENでExcelで囲む必要があります。

RANDBETWEEN関数は65から90までの数値を返します。CHAR関数は65から90までの数値をAからZに変換します。

65番は「A」に等しく、66番は「B」に等しいというように続きます。

例5–ランダムな日付を生成する

RANDBETWEEN式を使用して、乱数とランダムなアルファベットを生成する方法を見てきました。次に、ランダムな日付を生成する方法を見ていきます。

ステップ1:最初にDATE関数を開きます。

ステップ2:最初の引数はYEARです。これは、このオープンなRANDBETWEEN式と、2015年、2018年の供給年数です。

ステップ3: DATE関数の次の引数はMONTHです。これもRANDBETWEEN関数を開き、1から12までの数値を指定します。

ステップ4: ExcelのDATE関数の最後のパラメーターはDAYです。これは、ExcelRANDBETWEEN関数の1から31までの供給番号です。

Ctrl + Enterを押すと、選択したセル範囲でランダムな日付が取得されます。

覚えておくべきこと

  • RANDBETWEENは揮発性関数です。
  • ワークシートでアクティビティが実行された場合、変更結果を保持します。
  • 一番下の数字が一番上の数字よりも大きい場合は、#NUMを取得します。エラー。
  • RANDBETWEENは整数のみを生成できます。
  • ExcelのRANDBETWEEN関数とRAND関数を組み合わせると、分数が得られます。
  • RANDBETWEENは揮発性の関数であるため、データが増えるとワークブックの速度が低下する可能性があります。