売掛金は資産ですか?| 説明付きの主な理由

売掛金は、顧客が会社に支払うべき数字に他ならず、会社が現金を受け取ったときに現金に変換できるため資産であり、売掛金があるため資産項目として貸借対照表に表示されます。おそらく1年以内に現金に換金できます。

売掛金は資産として記録されますか?

売掛金は、あなたの製品やサービスを持ってきた顧客があなたに借りているクレジットの額を表しています。それは将来提供される商品やサービスのためにあなたのビジネスに現金をもたらすことになり、それゆえこれはあなたのビジネスの資産になります。

例として新聞社を考えてみましょう。新聞や雑誌は毎日顧客に提供され、請求書は月末に支払われる予定です。新聞社の売掛金であり、資産とみなされます。

これには、支払いの遅延やデフォルトなどの特定のリスクが伴います。しかし、それは会社の資産を成長させるだけでなく、のれんを増やすのに役立ちます。

売掛金が資産と見なされるのはなぜですか?

ビジネスのための資産とは、付加価値をもたらすものすべてを意味します。ビジネスが受け取る売掛金が多ければ多いほど、会社はより多くの資産を獲得します。これは、時間の経過とともにあなたのビジネスの成長につながります。

問題は、この成長がどのように発生するかということです。これには2つの理由があります–

  • 資産の価値:これらの資産は譲渡できます。それらは販売することもでき、税制上の優遇措置としても使用できます。これらすべての要因がビジネスを強力にし、業務の改善に役立ちます。
  • 収益の創出:これらの資産は、複数の方法でビジネスに投資でき、ビジネスがより多くの収益を生み出し、収益を上げるのに役立ちます。

ただし、事業が会計の現金主義に従っている場合、売掛金は収益とはみなされません。現金ベースでは、これらの取引のみが、現金が流入および受領される収益と見なされます。したがって、売掛金は将来的に現金が入金されるため、収益とは見なされません。これが会計の現金ベースで現金と見なされる場合、それは受け取られていない収益を請求します。

ただし、会社が発生主義会計に従っている場合、売掛金は収益と見なされます。これは、この会計方法では、売上高は売却時に現金が入ってくるとみなされるためです。

売掛金が流動資産として記録されるのはなぜですか?

売掛金は、ほとんどが1年以内に現金に換金されるため、流動資産に分類されます。1年以上後に現金に換金された場合、それらは長期資産と呼ばれることになります。これらのいずれか、つまり長期または短期のいずれかが貸借対照表に記録され、会社の利益を決定する上で重要な役割を果たします。

売掛金は有形資産ですか?

売掛金は有形資産とみなされます。有形資産は、植物や機械、土地、車両、建物のように物理的に存在する可能性があるため、意外に思われるかもしれません。

有形資産とは、明確な価値があり、簡単に測定できる資産です。したがって、株式と現金も有形資産と見なされます。たとえば、会社が商品をクレジットで提供する場合、支払われるべき請求書も提供します。請求書の支払いが必要な支払い期間を定義します。彼らはこの法案に合法的にコミットしなければなりません。顧客によるあなたのビジネスへのこのコミットメントは、有形資産と見なすことができます。

有形資産は無形資産とは異なることに注意してください。無形資産には物理的な価値がないため、これらは異なります。無形資産には、特許、技術、のれん、人間関係、およびソフトウェアが含まれます。

重要性

売掛金は、ビジネスのファンダメンタル分析の重要な側面です。それらは流動資産の一部であり、会社の流動性の尺度であり、また、より多くの現金を受け取らずに短期債務をカバーする能力を測定します。売掛金は、ほとんどの場合、売掛金回転率と呼ばれる回転率で測定されます。この比率は、会社が売掛金を回収した時間を測定します。次に、この比率を使用して、売上未払い日数を計算します。これは、会社が売掛金を回収するのにかかる日数を測定します。