コスト回収方法(定義、例)| この方法をいつ使用するのですか?

コスト回収方法とは何ですか?

原価回収方法は、それぞれの販売に関連する総原価要素が顧客から完全に受け取られるまで、顧客に販売された商品に対して発生した粗利益または収益を記録しない収益認識方法の1つです。また、全額を受領した後、残額を収益として計上します。

コスト回収方法の例

例1

たとえば、A社 顧客にクレジットで商品を販売します。収益の認識については、多くの顧客からの金銭の回収率に不確実性があるため、同社は原価回収法を採用しています。2016年9月1日、同社は顧客の1人であるY氏にクレジットで25万ドルで商品を販売しました。A社に販売された商品の原価は200,000ドルでした。

販売時に、会社は即座に50,000ドルを受け取り、その後の数年間で残りの支払いを受け取りました。2017年に50,000ドル、2018年に100,000ドル、2019年に50,000ドルの残高を受け取りました。コスト回収方法に従って、会社の利益をいつ認識するのですか?

コスト回収方法によれば、会社は、それぞれの販売に関連する総コスト要素が顧客から完全に受け取られるまで、顧客に販売された商品に対して発生した粗利益または収益を記録しません。費用の全額を受領した後、残りの金額は収入として記録されます。

  • 今回のケースでは、同社は2016年9月1日にY氏にクレジットで25万ドルで商品を販売しました。販売された商品の実際のコストは$ 200,000でした。
  • 会社は分割払いで販売された商品に対する支払いを受け取りました。即座に50,000ドル、2017年に50,000ドル、2018年に100,000ドル、2019年に50,000ドルの残高を受け取りました。
  • 現在、50,000ドル(250,000ドル– 200,000ドル)は、売上が行われた会計期間では認識されない会社の利益であり、回収後に支払いを受け取った期間の収益として認識されます。売上原価。
  • 2016年、2017年、2018年に受け取った金額の合計は$ 200,000($ 50,000 + $ 50,000 + $ 100,000)であり、これは売上原価に相当するため、これらの年の収益は記録されません。
  • ただし、2019年に売上原価を超えて受け取った50,000ドルの金額は、2019年の収益として記録されます。

例2

2013年10月1日、鉄鋼メーカーのSapphire Corporationは、いくつかの棒鋼を80,000ドルで販売しました。顧客は、契約に従い、2013年11月1日から、毎年10月1日に利息の支払いとともに4回の均等な年払い$ 20,000を満たす必要があります。棒鋼の形成コストは56,000ドルです。会社の会計年度は12月31日に終了します。

日付集められた現金原価回収認識された粗利益
2013年10月1日20,000ドル20,000ドル$ –
2014年10月1日20,000ドル20,000ドル
2015年10月1日20,000ドル16,000ドル4,000
2016年10月1日20,000ドル20,000
合計80,000ドル56,000ドル24,000ドル

ここでは、2015年10月1日から2年連続の営業を経て、コスト回収に成功し、利益の認識を開始しました。

利点

  • 同社は、クレジットベースでの売上に対する顧客からの集金に関して合理的な不確実性がある場合に、収益認識の目的からコスト回収アプローチを使用しています。これは、この方法がすべての中で最も保守的であるためです。利用可能な収益認識方法。
  • 原価回収方式では、会社が製品の全費用を回収した後にのみ納税されるため、納税期限が遅れます。したがって、この方法を使用すると、ビジネスの所有者はいくらかの節約をすることができます。

短所

  • 原価回収法を使用すると、会社は原価と売上高を認識しますが、その売上高が会社の売掛金である場合でも粗利益は認識されず、粗利益は次の場合にのみ認識されます。領収書全体を受け取りました。
  • この方法では、会社の利益は、その利益に対する支払いを受け取った期間を指します。したがって、売却が1つの期間に関連している場合でも、会社はそれをその期間の収入として表示することはできません。

いつコスト回収方法を使用するのですか?

  • この方法は、主に顧客からの商品の販売に対する回収が会社にとって非常に不確実であり、分割払いの方法を正当化することが難しい状況で使用されます。
  • また、会社が販売価格を正確に決定できない場合。この方法が好ましいのは、そのような場合、によって得られる総収益を決定するのが難しいため、会社が負担するコストと一致するレシートに等しい収益を記録することが賢明なアプローチであるためです。
  • 原価回収方式では、会社が製品の全費用を回収した後にのみ納税されるため、納税期限が遅れます。したがって、この方法を使用すると、ビジネスの所有者はいくらかの節約をすることができます。

結論

したがって、費用回収法の場合、会社は、会社が負担したすべての費用を回収した後、それを受け取ったときに、費用を超えて稼いだ金額を粗利益または収入として認識する、すなわち、会社は売上に対して実際のお金を顧客から受け取った場合にのみ収益が得られます。

同社は、クレジットベースでの売上に対する顧客からの集金に関して合理的な不確実性がある場合に、収益認識の目的からコスト回収アプローチを使用しています。これは、この方法がすべての中で最も保守的であるためです。利用可能な収益認識方法。